理想の4シーズン登山靴|スポルティバのトランゴアルプエボ

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ

スポルティバの雪山仕様の4シーズン登山靴、トランゴ アルプ エボ ゴアテックスを手に入れましたぁ!
トランゴといえばスポルティバの軽量重登山靴の代名詞であり、ラインナップも様々。
トランゴ キューブにしようかと迷いましたが、雪山や残雪期の春山をメインに歩くことを考え、革靴のトランゴアルプにしました。
最後に使用レビュー(雪山・アイゼンとの相性など)追記しまし


細身の足型!?スポルティバのトランゴ


トランゴキューブ

 

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ 登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ

 

トランゴはスポルティバの登山靴の中でも、先駆的シューズとして作り出されたラインナップで、いまや3シーズンシューズの軽さと4シーズンブーツの手堅さを兼ね備えた看板アイテムともいえます。
私も、初期のトランゴアイスというシューズをいち早く履きましたが、トランゴ独特の細身の木型が私の小指の付け根をジワジワと痛めつけて、苦しんだという記憶があります(笑
細身なんですよ!!トランゴったら(泣

 

3Dフレックスシステムと縫い目の少ないデザイン

トランゴアルプ|スポルティバの革靴
しかし、最近はトランンゴキューブなど縫い目のない、足首が自在に動くようなすばらしいデザインのものが出てきました。
ほしいなぁ、と思いつつ月日が流れていましたが、今回おもいきって、もういちどトランゴにチャレンジしてみることにしました。

 

スポルティバの冬靴はトランゴか?カラコルムか?

トランゴ アルプはトランゴシリーズの中でも最上位クラスに位置する4シーズン登山靴で、厚さ2.2mmの革靴です。
トランゴ キューブ同様、縫い目がほとんどなく、ダメージを受けやすい外側は表レザー、内側はヌバックです。軽量で、保温性があります。
そのトランゴアルプですが、厳冬期の3000mは別としましても、雪山を歩くにはすごく快適そうです。
そして、キューブなどのナイロン靴と違い、革靴という安心感があります。

ネパールエボ

 

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ 登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ

 

 

スポルティバの雪山用登山靴としては、ネパールシリーズやカラコルムシリーズなどの革靴が上位にあります。
最近は、山でもスポルティバのネパールエボなどをよく見かけるようになりました。
私も使っていたのですが、確かにすばらしいシューズです。寒さ対策も万全ですし。
しかし、歳をとってくると、アレなんですよ。
靴が重い・・・
最近ではネパールキューブとかいう900gを切る軽量厳冬期用ブーツもでましたが、
定価85000円だと!?
それって、重靴が2足くらい買えるじゃないの…(o_ _)ノ

カラコルム

 

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ 登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ

 

話は反れましたが、トランゴアルプを選ぶにあたって、比較したのは、キューブではなく、カラコルムでした。
カラコルムは、2.8mmレザーのスポルティバの準定番雪山登山靴で、抜かりありません。
もし、1足目の登山靴なら、トランゴよりカラコルム以上のものがベターだと思います。
私はサブシューズとして、トランゴアルプを選びました。

 

脚幅が狭いと諦めていたけど、トランゴアルプはジャストフィットした!

ただし、トランゴは、前述したように、細身のデザインです。
ちょっと不安がありました。
私の足は3Eくらいの幅です。
それ以上の幅広の足だと、シューズ内でどこかがあたると思います。
今回は、サイズを少々大きくしてみました。
私の足は26cm 普段靴は26.5cm 登山靴は27cm、
そしてトランゴアルプは27.5cm(EU43)にしました。

トランゴ アルプを実際に履いてみて

シューズ自体は、フィット感を大事にするデザインなので、全体が包み込まれるようにフィットしてきます。
当たる箇所はないのですが、全体に軽く圧がかかるような感じですね。
指の付け根付近まではしっかりホールドされているのに、足の指先は当たっていません。
かといって、緩くないし、長すぎない。
やった!フィットしたっぽい。

 

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ
インソールを出してみます。
やっぱ安っぽいいつものヤツがはいっていました(笑
ここは、10年経っても進化しないんかい(ツッコミ
これをペダックに変更すれば、保温性はかなり高くなるはずです。

 

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ
靴紐をきつく締めると、たいてい甲の部分のベロのシワやズレ、あるいは金具が当たって痛かったりするのですが、トランゴアルプは別物です。
表面にはシワにならない撥水素材で雪の進入を防ぎ、ベロも柔らかく違和感がありません。
紐は引っ張るとスムーズに締め上げてくれ、かつ痛いところがありませんでした。

 

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ
足首まわりの動きもかなりいいですね。
キューブを試し履きしたことがありましたが、足が合わなかったために、そこまで自在感を感じなかったのですが、3Dフレックスシステムの凄さを実感できます。

 

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ
ソールはビブラムソールですが、パターンが完全にクライミング系ですね。素敵です♪
とくにカカトは溝が横に切ってあって、雪上の着地にも対応してくれそうです。
これに加えてトランゴにはインパクトブレーキシステムというラバーの傾斜構造でグリップ力と衝撃吸収をサポートしてくれます。

 

今後が楽しみです。
実際に履いて、追記をしていきたいと思います!
追記しました!↓

 

追記1

とりあえず、低山(無雪)で歩いてみた感想

結論からいうと、問題なく使えました。
新品での足首まわりの擦れもさほどなく、トランゴ独特の(私の場合)小指の付け根の当たりもなかったです。
そして、平坦な場所での歩きやすさ。
これは、カカトが歩くときに若干浮くのですが、この踵が浮くことで、重靴の硬さをカバーしてくれています。
浮くといっても、ユルユルではなく、足はしっかりとホールドされていて、中でズレません。

 

追記2

トランゴアルプのアイゼンの相性と雪山実感

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ
今季、暖冬で気温が高かったので、1月末の厳冬期でしたが思い切って八ヶ岳・赤岳でトランゴアルプを履いて登ってきました。
まず、アイゼンとの相性ですが、いわゆる冬靴と違ってつま先が上に反っていますので、アイゼンとの愛称はお世辞にも良いとはいえません。
グリベルのセミワンタッチアイゼンをつけてみますと、つま先側に10mm程度の隙間が開いてしまいます。
なので、
スポルティバの公式サイトからアイゼンの相性にすいて問合せをしてみました。
結果・・・反応なし!
シカトですか!?
で、しょうがないからアマゾン経由でアーシーズブリッジに問合せしてみました。
回答がありました。
トランゴ アルプ エボ のソールはどちらかと言えば、縦走用のソールに近い為、つま先のソールカーブが強く、セットして頂いてお分かりだと思いますが、アイゼンのフィッテイングがあまり良くありません。
このフィッテイングを少しでも改善したい場合は、前体重で靴とアイゼンを付属のストラップで固定して前後のフィッテイングのバランスをとって頂き、クリップを止めて頂くしか方法がありません。
靴とのフィッテイングが悪い為に、急角度を登る際には、外れないフィッテングを事前に探して頂く事となります。
どのタイプのアイゼンを付けても、アルプエボの刃は前方を向いてしまう事になりますので、
急角度の登攀の際には、つま先の蹴りこみの角度を調整して使用して頂く事となります。”

ということでした。ありがとうございます!
まぁ、このシューズでアイスクライミング的な登りはしませんけどね。

 

実際に、赤岳登頂で履いてみましたが、隙間があっても、ぜんぜん違和感なしでした。
上画像で見ても分かるとおり、前爪はしっかり出ていますし、隙間によるブレはありません。キックステップを多用する登りはまだ未使用ですが、比較的通常の雪山であれば、問題ないことが分かりました。
そして、やはり、めっちゃ足が軽いです!足軽ダ
アイゼンをつけた瞬間に、アイゼンの重みがいままで以上に感じます。

 

ただ・・・・
やっぱ寒い!(笑
放射冷却が入り、登頂日は-5度くらいであったと思いますが、このくらいではもう、末端冷え性の私にとっては、けっこうジンジンきていました。(私は極度に寒がりなので、人によっては大丈夫と思います。)
0度前後くらいなら問題ないですね。
また、2000m以下なら、そうとう冷え込まないかぎり、冬場でも平気なはずです。
ということで、3000m級の山には、
やっぱり3月下旬から残雪期が最適!
というのがやっぱり正解だとおもいました。

 

 

 

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ 登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ

キーン,サンダル,クリアウォーター,ニューポート,おすすめ,評判

サンダルは山とは関係ないようですが、「下山後の履き替え」という点で、必需品です(笑)キーンのサンダルといえば、創業時からの名門モデルであるニューポートは代名詞ともいえます。履きやすさとデザインは、一度使ってみるとわかります。今回はそのニューポートの流れを汲んだクリアウォーターを試してみます。

登山靴,スポルティバ,トランゴ,キューブ,エボ,4シーズン,シューズ

スポルティバの雪山仕様の4シーズン登山靴、トランゴ アルプ エボ ゴアテックスを手に入れましたぁ!トランゴといえばスポルティバの軽量重登山靴の代名詞であり、ラインナップも様々。トランゴ キューブにしようかと迷いましたが、雪山や残雪期の春山をメインに歩くことを考え、革靴のトランゴアルプにしました。最後に使用レビュー(雪山・アイゼンとの相性など)追記しました

スカルパのアプローチシューズ、テックアッセントGTXのビブラムソール

アプローチシューズといえばファイブテンのキャンプ4やガイドテニーが有名ですが、今回、スカルパのアプローチシューズとして登場しているテックアッセントGTXを履いてみました。そして、テックアッセントが最強のアプローチシューズだということを知ることになったのでした…

登山,トレッキング,靴下,ソックス

登山用のソックスは、以前紹介したスマートウールが、未だに主力なのですが、今季、DRYMAX(ドライマックス)という新しいブランドの靴下を試してみました。

登山靴キャラバン,トレッキングシューズ,

キャラバンシューズといてば、トレッキングシューズの代名詞ともなっている、ベーシックで入門にピッタリな登山靴です。キャラバンには、現在、carravanシューズのほかに、GRANDKINGという本格モデルもラインナップされていますが、今回は、これからはじめる山女子のためにレディースモデルのキャラバンシューズをクローズアップしてみます。

マムート,トレッキングシューズ,登山靴コンフォート,ミッド,ロー

ゴアテックスサラウンドの紹介をしましたが、早速、そのサラウンドを採用したトレッキングシューズということで、マムートのコンフォートを取り寄せてみました。ちょっと試し履きしてみた感想をレビューいたいします。追記は順次していきたいと思います

登山,靴下,おすすめ,雪山

登山用の靴下、いくつかレビューしてきましたが、こと雪山用の靴下となると、サポート以上に気を使うことがあります。それはフィット感です。いくつか使ってみて、いまもっとも履いているのがFITS(フィッツ)の分厚いウールソックスなのでした。

タビオ,TABIO,五本指,ソックス,靴下,登山,トレッキング

以前紹介しましたが、「靴下屋」でお馴染みの国内産靴下ショップのトレイルランニングモデルのTABIO(タビオ)ですが、徐々に登山・トレッキングでもクローズアップされつつあります。今回紹介するのは、トレッキングモデルとして改良されたオールウェザードライ5本指と、着圧でふくらはぎが気持ちいいレーシングラン・コンプレッション五本指です。タビオの五本指ソックスの基本的なよさは過去記事をご参照ください。靴下屋...

タビオ,靴下,tabio,ソックス

靴下屋のスポーツ足袋ブランドタビオスポーツ(TabioSports)のランニング・レーシングモデルがすごくよかったのでレビューします。五本指ソックスといえば、山用靴下では履いている人は少ないかもしれません。私もこんなにズレないとは思ってませんでしたから・・・

靴下,ソックス,登山,山用,スマートウール

登山・ハイキングに欠かせない山用のソックス。なにかと登山靴がクローズアップされがちですが、登山用靴下に悩まされている人は意外に多いのではないでしょうか?そんな、最良の靴下と出会えない方のために、ご提案!

メレル,登山靴,カメレオン,シフト,トレッキングシューズ,滑る

今回は、以前のトレッキングシューズ、メレルのカメレオンシフトの記事メレルのカメレオン シフト!|トレッキング用に買ってみたの追記記事です。実際にカメレオンシフトで雨の登山を延べ3日間歩いた率直な感想と経緯をお伝えします。追記あります![その後にわかったシリオPF46との関係]

メレル,カメレオン,登山靴,トレッキングシューズ

メレルの定番スニーカーのカメレオンですが、2015年のニューモデルとして、カメレオンのレザー系のライトシューズが出ました。ローカットのカメレオンシフトとミッドカットのカメレオンシフト ミッドゴアテックスです。この20年、メレルの登山靴は他社ブランド優先でスニーカーだけに絞っていましたが、ついに今年の登山用に買ってみましたので紹介します。追記記事がありますのでこちらも参考に!メレルのカメレオンが滑っ...

ジョギングシューズ,マラソンシューズ,足裏,筋肉,メレル,トレイルグローブ,ミニマス,ニューバランス

メレルのトレイルグローブを買いました。これは、インソールのない裸足に近い感覚のトレイルランニングシューズで、足裏感覚と走り方・歩き方を改善するには最適のシューズです。ビブラムのベアフットよりも見た目もよく、裸足入門にもおすすめ!前代のニューバランス ミニマスMT10(WT10)もすごく良かったのですが、トレイルグローブと比較してみました!

ベアフット,裸足,メレル,ベアアクセス

メレルのベア アクセス トレイルとベア アクセス ウルトラというモデルを見つけました!裸足ランニング・ベアフットシューズの新しい展開です。メレルはビブラム社との共同開発でベアフットシューズに力を入れています。

モントレイル,マウンテンマゾヒスト,トレラン,シューズ

モントレイルのシューズが自分に合っていると実感したのが、マウンテンマゾヒスト。モントレイルのロングセラーともなっているトレイルランニングシューズ。でもちょっと評価が低い? そう、最近はバハダやフリューイッドなどの軽量シューズに押されているのかもしれませんが・・・

スカルパ,モジト,モジトミッド,ミスティック

スカルパのアプローチシューズとしてひそかな人気がつづくモジトであるが、クライマーなら見たら、「これいい」って分かってくれるでしょうね。スメアも力の入れ具合もクライミングシューズ譲り

登山靴,ガルモント,ドラゴンテイル,ベッタ,MNT

こちらはガルモントのドラゴンテイル。アプローチ系シューズとして、先のスカルパモジトと似ていますが、コンセプトが違います。ココではガルモントの登山靴、ドラゴンテイルMNTと、そのミッドカットトレッキングシューズであるベッタMNTにフォーカスしてみます。

マムート,テトン,登山靴,GTX,ブーツ,トレッキングシューズ

ライケルからマムートが引き継いだ登山靴の定番 テトンGTX先シーズンから マムート テトンGTXを履いています。登山靴としての完成度が高く、これ一足でほとんどどこの山でも対応できます。さすがマムート…マムートの靴は、もともとはライケルというブランドでしたが、このライケルの靴というのが歴史もあり数々の名靴を作り出している150年の老舗でした。

PF46,シリオ登山靴,評価,口コミ,レビュー

シリオ PF46 をワンシーズン履ききりました。買ったときから、フィットはよくて、軽いなぁというのが初めの感想。幅は広すぎず、やっぱり日本人の足にはちょうど良いでした

マムート,モノリス,登山靴,シューズ,ブーツ,評価,口コミ,レビュー

マムート モノリスGT 875gかかとコバのアイゼンが装着できる軽量ブーツ。真冬の寒さを外せば、軽量快適、そして歩きやすく、雪山用のサブ登山靴として使っています。モノリス⇒メルロン⇒マジックへ。。。

マムート,登山靴,冬用,雪山用,モノリス,マジック,エイスフィールド

マムートのライト4シーズン登山靴モノリスを履いて快適に春山を楽しんでおりましたら、こんなの発見しました。エイスフィールド ハイ GTXなん…だと!? ( ̄□ ̄;)

ミレー,登山靴,トレッキングシューズ,スイッチ,GTX

ラフマミレーといえば、やっぱりザックやウェアに人気があるようですが、登山靴もなかなか捨てがたいものがあります。私はミレーの登山靴を3足履きましたが、足型とデザインが気に入っています。今回はスイッチGTXにスポットを当ててみます。

ノースフェイス,ヌプシブーティ,スノーブーツ

ゴールドウィンのノースフェイスのページでも人気NO1になっている冬用スノーブーツのヌプシブーティ。なんの変哲もなさそうなスノーブーツですが、履いてみたのがヌプシブーティウールというモデル。使いやすさ抜群だった。

キーン,KEEN,ジャスパー,スニーカー

キーンの有名なスニーカー、ジャスパーを履きつぶしました。カジュアルアウトドアなスタイルとちょっと派手なカラーリングにひかれて使っていました。そして、履きつぶれたと思ったら、まだ使える結果に…

ガルモント,倒産,登山靴,

ガルモントはスキーメーカーでもあり、日本では登山靴でも名のあるブランドですが、経営が行き詰ったようです。あちらの国でのいわば会社更生法のようなものを適用するとか?小耳に挟みました。ガルモントシューズよ、どうなるのか?!画像:キャラバンHPより

リーボック,ジーポンプフュージョン,ランニングシューズ,

山の道具じゃないんですけど、今月、リーボックからGポンプフュージョンテクノロジーという新しいランニングシューズが出たました。最近の新しいものが、素材とかデザインとかだけではなく、根本的な発想から新鮮で、高次元のものが目立ちます。ちょっとそんなシューズたちをあつめてみました。

ゴアテックス,サラウンド,surround,スポーツ,シューズ,ラン,

最近ハードシェルの通気性商戦というかそんなものが続いていますが、ジャケットだけでなく、シューズも出てまいりました。ゴアテックス サラウンド(GORE-TEX SURROUND)なるスポーツ・ランシューズが登場しています。

スリッパ,ヌプシ,テントシューズ,ルームシューズ

ノースフェイスのヌプシといえば、ダウンジャケットか冬用のモコ系ブーツなのですが、今季、ルームシューズ用としてスリッパ代わりにヌプシテントミュールを使っています。すみません、山ギアじゃありません…