登山でも使いやすいグローブ|それはクライミング用グローブだった

夏山縦走用のグローブを模索する

登山用グローブのおすすめはクライミング用

夏山登山でのグローブで最終的に行き着いたのは、けっきょくは、岩登り、クライミングで使っているグローブでした。
(久しぶりの更新ですみません)


使いやすさ・着脱・耐久・ホールド感…それをカバーするクライミンググローブが登山に有効

グローブはけっこう悩ましいアイテムのひとつです。登山のスタイルにもよりますが、今回は夏山縦走などの夏山でのグローブとして、使えるっと思っているクライミング用のグローブ(ビレイグローブなど)を紹介します。
通常よく見かけるのは、薄い化繊の手袋や、ナイロン系、手のひらのところに合皮が部分的にはりついたストック用の手袋など。
私はどちらかというと、そのどれも使ってはなく、もっぱらポーラテック系のストレッチグローブです。
しかしそれは高山での保温を目的としたもので、岩場の縦走となると使い勝手…というより、すぐに破れたりしてしまいます。
グローブといえど、いまでは4000~5000円くらいは当たり前ですので、ヘタなウェアよりも高く、しかも消耗が激しいので、使い捨てアイテムとはいえ、あなどれません(笑

 

行き着いたのは革製グローブ

そこで、クライミングなどで使っているグローブをご紹介します。
正直、革製(あるいは合皮)ですので、厚みもあり、夏の暑いときには使えないこともあります。それは他のグローブでも同じで、薄いグローブであっても、無風直射日光の攻撃には勝てません。そんなときは素手のほうがよかったりですが、そうしますとやっぱりクライミング用が良いのです!

 

基本は素手

グローブを勧めていてアレなんですが、基本、素手が一番望ましいと思っています。
手を怪我したくない(汚したくない)という目的もあろうかとおもいますが、ストックのグリップ力にせよ、岩場でのホールド感は素手に勝るものはありません。クライマーだって素手で登ります。グローブして岩登ってる人、みたことありませんよね?

 

使い勝手が良いクライミンググローブ

素手が最適ということなんですが、私はロープも使いますから革製のクライミンググローブをします。これがなかなか良いです。ロープを使わなくても、岩場やクサリ場では使い勝手がいいんです。
そして、何より、クライミング用岩場用のグローブには、カラビナを通すループないしフックがついています。つまり、グローブのはめ外しが、歩きながらできるのです。これがないと、暑いときなど、グローブをはずしても、パンツのポケットなどに押し込んで、暑いしジャマくさいのですよ。カラビナに通してザックのウエストベルトに引っ掛けておける利便性はかなり高評価していいと思っています。

 

スマホ用はダメ

ちょっと余談ですが、最近はスマホのタッチパネルに対応したグローブが増えています。確かにお店でタッチしてみると、あら不思議♪タッチできるじゃまいか!?
でもね、山で使ってみてわかるのは、、、、
超!使いにくいんだYO!!
天気予報とかの小さいボタンを押そうとしたら、結局はグローブを外してタッチしているんだよね・・・なら、はじめからグローブは外すこと前提でいんじゃね?って思っています(アナログモードで♪)
登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ
実はあとでわかったことですが、下のクラッググローブは公証してませんが、
革系グローブなのにタッチパネルに反応しました!Σ(゚Д゚)

ブラックダイヤモンド クラッググローブ(Crag Glove)

ロストアローから出ている、これがいちばんオススメです。なんといっても2160円という同ランクのグローブの中でもっとも安価で使いやすいのではないでしょうか?

登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ 登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ

 

手の平には合皮、甲のほうはメッシュ系の通気性のよい生地になっていて、腕の部分はマジックテープの絞りと、大きなカラビナループがついています。従来品はマジック留めのところに隙間があって、寒いときは気になっていましたが、最新モデルは肌が露出しないように設計されています。
そして、親指のところには、うれしいノーズワイパー(鼻水拭き)! これはいけてますb
さらに、このクラッググローブには、ハーフフィンガー(指ぬき)タイプも存在します。真夏の岩場などでより確実にホールドさせるなら、フィンガーレスタイプのものもオススメです!
登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ 登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ
掌はグリップ力の高いシンセティックレザーパーム製(合皮)で、補強済み。使っている人にはわかりますがノーズワイパーも便利。

 

登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ 登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ
カラビナで引っ掛けられる大きな穴(ホール)がついていますが、掌側には、別にフックできるループがつけてあります。

 

登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ
フィンガーレス!?じゃない
これは、指の部分が破れてしまったので、第二関節あたりから、ハサミで切り取ってフィンガーレスにしてみました。沢登りなどで使ってみましたが、まだまだ使えます。ポイントは、切り口にライターで焦げ目をいれて糸のほつれを防ぐことですね!

 

その他のクライミンググローブ

私はほかにも、トランゴ(モンベル)のゴートビレイグローブメトリウスのクライミンググローブマムートのトロバットグローブなどを使っています。
フィンガーレスタイプは夏のバリエーションなどでもよく使っていますが、通常のアルプス縦走でも暑すぎず素手でホールドするので使い勝手はなかなかです。

 

ブラックダイヤモンド,ヘッドライト,スポット,リボルト,コズモ,ギズモ,ストーム

ブラックダイヤモンドのヘッドライトが2017年モデルでました!山で使いやすい上位機種として、以前もスポット(現行品)を紹介しましたが、今回は、その上位版ともいえるリボルトを手に入れましたので紹介します。たかが、ヘッドライトですが、使い勝手の良いライトは山での快適性と安心感が違います!

グローブ,ブラックダイヤモンド,インナーグローブ,フリース

冬のシーズンもこよなく使っているブラックダイヤモンドのパワーストレッチのグローブ。ライトウェイト・ミッドウェイト・ヘビーウェイトなどありますが、冬季用には、ミッドウェイトがおすすめ。ついでにモンブランも使ってみましたが・・・

ヘルメット,帽子,メッシュ,通気性,おすすめ

間もなく夏山です。最近はアルプスなどの岩場の縦走などはヘルメットが必須となってきました。しかし、真夏のヘルメットは蒸れやすく、帽子をかぶるとさらに暑いです。山研がおすすめするヘルメットに合う帽子はこんなやつ!

ヘッドライト,ヘッドランプ,おすすめ,ブラックダイヤモンド,スポット

ヘッドライトのLED化が進んで、ずいぶん進化してきました。昨年あたりからペツルから優れたヘッドライトがラインナップされ、人気の座を奪われている感がしなくもないブラックダイヤモンドのヘッデンですが、山研としてはやっぱり落ち着くのが、このBDのスポットなのでした。※なお、スポットの兼価版としてコズモ(160ルーメン60m)があり、初心者にはこちらもオススメ!

登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ

夏山登山でのグローブで最終的に行き着いたのは、けっきょくは、岩登り、クライミングで使っているグローブでした。(久しぶりの更新ですみません)

ゲイター,アウトドアリサーチ,バーグラス,クロコゲイター

OR/アウトドアリサーチは、アメリカの有名なアウトドアブランドで、私も小物などけっこう好きで持っていますが、今回は、ゲイターをレビューしたいと思います。ゲイター(スパッツ)といえば、雪山装備では必須のアイテムであり、各メーカー様々なゲイターがあって、どれも甲乙つけがたいものが増えていますね。ORのゲイターは昔から定評があり使いやすいので、3回くらいは買い続けています。そのほかにも、BDやマジックマ...

登山用品,携帯,スマホ,スマートフォン,選び方

スマホです。話題のiPhone6も、エクスペディアもアクオスも、見ていると欲しくなってしまいます。そんな最近の高性能なスマホですが、我々山ヤさんにとっては、やはり「山で使えるか」というのが、買い替えるときの条件になりましょうか。ということで、これまで山でフルに使っていて吟味したことを書いて見ます。

アウトドアリサーチ,帽子,キャップ,レイダーポケットキャップ,登山,アウトドア

山とかアウトドアで被っている帽子って、個性がでます。でも、デザインはよくても被りにくい帽子も数多あることは確か。正直、誰が被っても期待を裏切らない帽子があるとしたら、アウトドアリサーチの帽子だと思います。レイダーポケットキャップはかぶり良かった!

プラティパス,水漏れ,登山,水筒

ハイドレーションシステムという言葉を全国に広めた代名詞ともいえるアウトドア水筒の革命児プラティパス。多用している人もいれば、水漏れに不安視する人も多いと思う。実際にハイドレーションでは水漏れでザックがびしょびしょになっているのを何度か見てきた。なのでプラティパスの使い道をよく考えてみたいと思う。

山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒

山に持ち歩くステンレス保温ポット(マグボトル)、言ってみれば日用品です。だからといって山専ボトルのような重くてかさばる水筒を持ってきているのも見かけます。チッチッチッ!分かってないねぇ。選び方を紹介します^^

ワイン用の水筒なんて、マニアックな!そんなのほんとに必要なのかな、と思っていたのに、ワインにはまると、欲しくなった!でも間違ってもハイドレーションにはできないよねー