ヘルメットの下に最適な帽子|涼しくアルプス縦走するために

ヘルメット,帽子,メッシュ,通気性,おすすめ

間もなく夏山です。最近はアルプスなどの岩場の縦走などはヘルメットが必須となってきました。
しかし、真夏のヘルメットは蒸れやすく、帽子をかぶるとさらに暑いです。
山研がおすすめするヘルメットに合う帽子はこんなやつ!


ヘルメットの下にかぶる帽子はインナーを選ぶ!

 

真夏の帽子は日よけの意味合いが大きいものです。なので、↑のようなツバ付き帽子なども最適なのですが、なにせ通気性がないと暑くてかないません。
ことヘルメットをかぶるとなると、ツバが邪魔になってしいかぶりにくいのですが、ツバがなければ、日当たりも良好なので日焼け止めもたっぷりと塗るしか対処がないというものです。
で、山研でもしばらくは、ビーニー型のインナーキャップを主力につかっていました。
山用のビーニーはなかなか使い勝手がよいです。
しかし、やっぱりツバが欲しいということで、これに加えてORのレイダーなどのキャップも使っています↓

 

ヘルメットの下にかぶる帽子として理想的な条件としてはこんな感じです。
■通気性と生地の薄さ、肌着やメッシュ素材のもの
■ツバはあったほうがいいが、深くなく、硬くないほうがいい。
■ヘルメットを外しても、いっしょに帽子まで外れてしまわないフィット感。
しかし、そんなインナーキャップは登山用にはまだ少ないんです。
なので・・・・・・

ヘルメットキャップはチャリンコ用に限る!

ジャンルを変えてみれば、イイモノはたくさんあったのです。
そう、自転車用のヘルメットインナーキャップなるものがあるじゃまいか!
ロードバイクはヘルメットが基本ですから、インナーキャップの進化はこちらのほうが圧倒的で、種類もブランドもたくさんありました!

 

基本的にポリエステル系の薄い肌着素材、伸縮性通気性抜群の素材にツバがついています。
これは使えます。ということで、使えそうな帽子をアマゾンさんから掲載してみます。

山で使えそうなサイクルキャップfrom amazon

パールイズミ PEARL IZUMI 470 メッシュサイクルキャップ

 

(スゴイ)SUGOi 92988U Zap Cycling Cap

 

カステリ(CASTELLI) サマーWサイクリングキャップ

 

モンベル ジオライン クールメッシュ サイクルキャップ サミット

 

どれもフィット感漂うデザインと浅いツバ、自転車の場合は防風性を考慮しているものも多いとおもうので、あとは素材をしっかり吟味してみてください。
他にもかなり種類はありますので、お好みのデザインとサイズで!

グローブ,ブラックダイヤモンド,インナーグローブ,フリース

冬のシーズンもこよなく使っているブラックダイヤモンドのパワーストレッチのグローブ。ライトウェイト・ミッドウェイト・ヘビーウェイトなどありますが、冬季用には、ミッドウェイトがおすすめ。ついでにモンブランも使ってみましたが・・・

ヘルメット,帽子,メッシュ,通気性,おすすめ

間もなく夏山です。最近はアルプスなどの岩場の縦走などはヘルメットが必須となってきました。しかし、真夏のヘルメットは蒸れやすく、帽子をかぶるとさらに暑いです。山研がおすすめするヘルメットに合う帽子はこんなやつ!

ヘッドライト,ヘッドランプ,おすすめ,ブラックダイヤモンド,スポット

ヘッドライトのLED化が進んで、ずいぶん進化してきました。昨年あたりからペツルから優れたヘッドライトがラインナップされ、人気の座を奪われている感がしなくもないブラックダイヤモンドのヘッデンですが、山研としてはやっぱり落ち着くのが、このBDのスポットなのでした。※なお、スポットの兼価版としてコズモ(160ルーメン60m)があり、初心者にはこちらもオススメ!

登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ

夏山登山でのグローブで最終的に行き着いたのは、けっきょくは、岩登り、クライミングで使っているグローブでした。(久しぶりの更新ですみません)

ゲイター,アウトドアリサーチ,バーグラス,クロコゲイター

OR/アウトドアリサーチは、アメリカの有名なアウトドアブランドで、私も小物などけっこう好きで持っていますが、今回は、ゲイターをレビューしたいと思います。ゲイター(スパッツ)といえば、雪山装備では必須のアイテムであり、各メーカー様々なゲイターがあって、どれも甲乙つけがたいものが増えていますね。ORのゲイターは昔から定評があり使いやすいので、3回くらいは買い続けています。そのほかにも、BDやマジックマ...

登山用品,携帯,スマホ,スマートフォン,選び方

スマホです。話題のiPhone6も、エクスペディアもアクオスも、見ていると欲しくなってしまいます。そんな最近の高性能なスマホですが、我々山ヤさんにとっては、やはり「山で使えるか」というのが、買い替えるときの条件になりましょうか。ということで、これまで山でフルに使っていて吟味したことを書いて見ます。

アウトドアリサーチ,帽子,キャップ,レイダーポケットキャップ,登山,アウトドア

山とかアウトドアで被っている帽子って、個性がでます。でも、デザインはよくても被りにくい帽子も数多あることは確か。正直、誰が被っても期待を裏切らない帽子があるとしたら、アウトドアリサーチの帽子だと思います。レイダーポケットキャップはかぶり良かった!

プラティパス,水漏れ,登山,水筒

ハイドレーションシステムという言葉を全国に広めた代名詞ともいえるアウトドア水筒の革命児プラティパス。多用している人もいれば、水漏れに不安視する人も多いと思う。実際にハイドレーションでは水漏れでザックがびしょびしょになっているのを何度か見てきた。なのでプラティパスの使い道をよく考えてみたいと思う。

山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒

山に持ち歩くステンレス保温ポット(マグボトル)、言ってみれば日用品です。だからといって山専ボトルのような重くてかさばる水筒を持ってきているのも見かけます。チッチッチッ!分かってないねぇ。選び方を紹介します^^

ワイン用の水筒なんて、マニアックな!そんなのほんとに必要なのかな、と思っていたのに、ワインにはまると、欲しくなった!でも間違ってもハイドレーションにはできないよねー