ステンレスボトル・マグボトル|山・登山で使える保温水筒はどれ?!

ステンレスボトル・マグボトル|山・登山で使える保温水筒はどれ?!

保温水筒、ステンレスボトルのおすすめ特集!

山に持ち歩くステンレス保温ポット(マグボトル)、言ってみれば日用品です。だからといって山専ボトルのような重くてかさばる水筒を持ってきているのも見かけます。
チッチッチッ!分かってないねぇ。
選び方を紹介します^^


山で使うステンレス保温ポットの鉄則

 

ザックやリュックに入れておくのに便利な保温ポット・マグボトルですが、登山では、夏だろうが冬だろうが常備品です。
軽量化にうるさい山ギア研究所においては、常備品である保温ポットはシビアな検証が必要です。
保温ポットを選ぶ際に重要なポイントがいくつかあります。

 

軽量性
保温性
飲みやすさ
サイズ
衛生点
コスパ

 

山専ボトルがダメな理由


山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒 山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒

※記事掲載その後、↑軽量な500mlの山専ボトルもでています!これはいいです。
正直いって山専ボトルは優秀です。
保温性が高く、持ち歩いたお湯でカップメンも作れるほどの高保温力です。
その理由のひとつは、ガッツリと重い二重構造と、コップ付内蓋式だからです。
しかし、そのおかげで、デメリットが発生します。
まず、重い! 重すぎます。この時点で私的にはアウトですね。
そして、朝入れたお湯が、昼過ぎても熱いので、寒い環境で飲むと、
熱くて飲めません!
逆に夏は、そんなに飲み物が暑くなくてもいい!
ネコ舌の私としては、二重にゆるせないわけです(笑

ただし、バーナーを使うことを止めて、山専ボトルにする場合はかなり効果的な軽量化が期待できます。
結論からいってしまえば、一長一短、使い分けが必要ということです。
雪山テント泊や縦走で即席モノなどをお湯として高温なものを必要とするようなら山専ボトルが適しています。現在0.5Lの軽量化を測ったアイテムが出ています。
しかし、ボトルも消耗品です。ちょこっと暖かいものを口にする程度が目的であれば、市販の手軽なボトルでいいのではないでしょうか?
高価だし、温度<軽量、でいいのだと思います。市販のボトルで十分な高保温力と使いやすさがあります。
最近は山専ボトルの専用カバーまで持っている人をよく見かけますが、ライト&ファースト派にはイラナイ気がします…

 

蓋があけにくいステンレスボトル

山専ボトルはグローブをしていてもあけやすいようにラバー構造になっていますが、これは、なにも他のマグボトルがダメだということではありません。というか、マグボトルの蓋や本体に、1-2cmほどの太いシリコン輪ゴムをはめておけばいいわけです。輪ゴムは登山中の緊急アイテムにも使えますしね!
保温ポット・ステンレスボトルに輪ゴムをつけるだけで滑り止めになる。
実際に、輪ゴムを4-5本つけて、滑りやすい手袋でテストしてみましたが、これだけでも、かなりグリップが効いて楽に開閉ができました!

 

相反する軽量性と保温性

この二つは、なかなか両立しにくいものがあります。
軽量にすれば、それだけ薄くなり、熱が外に逃げやすいからです。
そんな中でも、非常に優れた保温性のある軽量保温水筒を発見しましたw

 

マグボトルのフッ素コートは微妙

以前はフッ素コーティングされたボトルが多かったので、私も使っていましたが、何度も使ううちに、臭いや汚れが付着して、味や香りが低下してしまいました。それ以来、フッ素コートには警戒しています。
フッ素コートされたステンレスマグボトル
フッ素コートされたマグボトルは内側に茶渋やコーヒーなどのカスが付着してしまう。しかも人体にも影響を及ぼすという情報も出てきている。

 

プッシュ栓式は飲みにくく、使いにくい

プッシュ栓式で飲み口が小さいものは、グローブでの操作が難しく、かつ、熱いものは飲みにくいです(アチチ!)
コーヒーもテイクアウト用の蓋をすると、熱くて飲みにくいですよね。
最適なのは広口の蓋だけのものがシンプルで飲みやすいでしょう。

 

夏でもあたたかい飲みのもがほしい

マグボトルは、そんなにゴクゴク飲まなくても良いものです。むしろ、休憩時に一口飲むだけで、体が温まり、体調コントロールができます。なので、少量でもOKだと思っています。私は0.3L程度のものを愛用していますが、だいたい0.5~0.2L位でよいでしょう。

 

高価なボトルは不要

山でステンレスボトルを紛失・落としたという人をよく見かけます。あるいはザックに入れておいたら、ボコボコに凹んで保温力がなくなってしまったとか…
以前からチタン製など1万円以上もする軽量なボトルが出回っていますが、そんなものが凹んだ日には心も凹むでしょう(笑。なので、あまり高いモノでなくて良いと思っています。

 

 

山研が選んだ最高のステンレスマグボトルはこれだ!1・2・3

 

 タイガー サハラマグ 夢重力 0.5L/0.3L 

 
山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒 山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒

正直にいってこれが最も私の山ライフに適したステンレスボトルです。このステンレスボトルを選んだ理由は、超軽量でありながら、6時間後の保温力が69℃と高く、コーヒーフリークの私には、行動中のコーヒーブレイクがまさに適温であることです。
それに加えて、他社と明らかに違う点があります。
それは、内側がテフロン加工ではない!ということです。
テフロン加工されたボトルはコーヒーやお茶などを入れて長期間使っていると、内側が劣化して、飲んだときの味もちょっといただけないものに変わってしまいます。
しかし、タイガーのサハラマグは、テフロン加工する代わりに、凹凸がほとんどない(つまり茶渋やコーヒー粉などが付着しにくい)鏡面加工(スーパークリーンプラス加工)であるために、長年使っていても、さほど劣化がないという点です。
新シリーズは飲み口がマグカップのようななめらかな飲み口になっています。
お湯だけを入れているタイガーのステンレスボトル、夢重力
お湯だけを入れて使っているサハラマグ。中はピカピカ
コーヒーを入れているタイガーのステンレスボトル、夢重力

こちらはコーヒーを入れ続けて使っている夢重力。1年以上ほぼ毎日使っていてもまだきれい。
仕様
0.35L:保温6時間69℃以上/重量0.17kg
0.5L:保温6時間74℃以上/重量0.19kg
内面:ステンレス鏡面加工

 

 サーモス 真空断熱ケータイマグ0.25/0.35L/0.5L

  
山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒 山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒

アマゾンでもベストセラー1位を獲得!
実は飲みやすさでは、これが一番! 軽さも0.35lまでは、1位のサハラマグと同じです。違う点は、蓋にあります。蓋が2層式になっていて、上蓋はほぼ半回転で開閉しやすく、熱いものを飲みやすい口当たりでネコ舌の人にはこれがいいです。そして、下の蓋を開くと大きな開口部となり氷なども入れやすくなります。
サーモスのマグボトルは飲みやすい
サーモスには山専ボトルがありますが、一般登山には、この通常のステンレスボトルがおすすめ。ケータイマグはタイガーの夢重力とも重さ、保温力ではほぼ互角で、内面は鏡面加工ではないのですが、テフロン加工ではありません。
仕様
0.25L:保温6時間58℃以上/重量0.15kg
0.35L:保温6時間65℃以上/重量0.17g
0.5L:保温6時間68℃以上/重量0.21kg
内面:ステンレス

 

 像印 直飲み ステンレスマグ 0.36L/0.48L

 
山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒 山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒

像印の新しいステンレスボトルは高い保温性を維持している上に軽量性もそこそこあります。蓋が洗いやすいなどメリットもあります。フッ素コートの内側ですが、茶しぶやコーヒーの色やにおいが残りにくいという部分は従来の製品よりも向上している点でしょうか
仕様
0.36L:保温6時間66℃以上/重量0.21kg
0.48L:保温6時間70℃以上/重量0.25kg
内面:フッ素コート

ブラックダイヤモンド,ヘッドライト,スポット,リボルト,コズモ,ギズモ,ストーム

ブラックダイヤモンドのヘッドライトが2017年モデルでました!山で使いやすい上位機種として、以前もスポット(現行品)を紹介しましたが、今回は、その上位版ともいえるリボルトを手に入れましたので紹介します。たかが、ヘッドライトですが、使い勝手の良いライトは山での快適性と安心感が違います!

グローブ,ブラックダイヤモンド,インナーグローブ,フリース

冬のシーズンもこよなく使っているブラックダイヤモンドのパワーストレッチのグローブ。ライトウェイト・ミッドウェイト・ヘビーウェイトなどありますが、冬季用には、ミッドウェイトがおすすめ。ついでにモンブランも使ってみましたが・・・

ヘルメット,帽子,メッシュ,通気性,おすすめ

間もなく夏山です。最近はアルプスなどの岩場の縦走などはヘルメットが必須となってきました。しかし、真夏のヘルメットは蒸れやすく、帽子をかぶるとさらに暑いです。山研がおすすめするヘルメットに合う帽子はこんなやつ!

ヘッドライト,ヘッドランプ,おすすめ,ブラックダイヤモンド,スポット

ヘッドライトのLED化が進んで、ずいぶん進化してきました。昨年あたりからペツルから優れたヘッドライトがラインナップされ、人気の座を奪われている感がしなくもないブラックダイヤモンドのヘッデンですが、山研としてはやっぱり落ち着くのが、このBDのスポットなのでした。※なお、スポットの兼価版としてコズモ(160ルーメン60m)があり、初心者にはこちらもオススメ!

登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ

夏山登山でのグローブで最終的に行き着いたのは、けっきょくは、岩登り、クライミングで使っているグローブでした。(久しぶりの更新ですみません)

ゲイター,アウトドアリサーチ,バーグラス,クロコゲイター

OR/アウトドアリサーチは、アメリカの有名なアウトドアブランドで、私も小物などけっこう好きで持っていますが、今回は、ゲイターをレビューしたいと思います。ゲイター(スパッツ)といえば、雪山装備では必須のアイテムであり、各メーカー様々なゲイターがあって、どれも甲乙つけがたいものが増えていますね。ORのゲイターは昔から定評があり使いやすいので、3回くらいは買い続けています。そのほかにも、BDやマジックマ...

登山用品,携帯,スマホ,スマートフォン,選び方

スマホです。話題のiPhone6も、エクスペディアもアクオスも、見ていると欲しくなってしまいます。そんな最近の高性能なスマホですが、我々山ヤさんにとっては、やはり「山で使えるか」というのが、買い替えるときの条件になりましょうか。ということで、これまで山でフルに使っていて吟味したことを書いて見ます。

アウトドアリサーチ,帽子,キャップ,レイダーポケットキャップ,登山,アウトドア

山とかアウトドアで被っている帽子って、個性がでます。でも、デザインはよくても被りにくい帽子も数多あることは確か。正直、誰が被っても期待を裏切らない帽子があるとしたら、アウトドアリサーチの帽子だと思います。レイダーポケットキャップはかぶり良かった!

プラティパス,水漏れ,登山,水筒

ハイドレーションシステムという言葉を全国に広めた代名詞ともいえるアウトドア水筒の革命児プラティパス。多用している人もいれば、水漏れに不安視する人も多いと思う。実際にハイドレーションでは水漏れでザックがびしょびしょになっているのを何度か見てきた。なのでプラティパスの使い道をよく考えてみたいと思う。

山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒

山に持ち歩くステンレス保温ポット(マグボトル)、言ってみれば日用品です。だからといって山専ボトルのような重くてかさばる水筒を持ってきているのも見かけます。チッチッチッ!分かってないねぇ。選び方を紹介します^^

ワイン用の水筒なんて、マニアックな!そんなのほんとに必要なのかな、と思っていたのに、ワインにはまると、欲しくなった!でも間違ってもハイドレーションにはできないよねー