プラティパス|漏れのトラブル多発!?正しい使い方

水筒の革命児、プラティパス|水漏れトラブルと使い方を考える

プラティパス,水漏れ,登山,水筒

ハイドレーションシステムという言葉を全国に広めた代名詞ともいえるアウトドア水筒の革命児プラティパス
多用している人もいれば、水漏れに不安視する人も多いと思う。実際にハイドレーションでは水漏れでザックがびしょびしょになっているのを何度か見てきた。なのでプラティパスの使い道をよく考えてみたいと思う。


私もプラティパスには毎度お世話になっている。
なんといっても水を入れないときにはかさばらずに済むし、軽い。
しかしハイドレーションシステムのほうははチューブのかさばりや配管に気を使い、けっこうジャマ。
休憩なしで水分を補給できるのはいいんだけど・・・

 

プラティパスのメリットデメリットを洗い出す

プラティパスボトルのメリット

水筒がペチャンコになり、使わないときはかさばらない
とくにボトルのみの場合は軽い。
BPAフリーで安全な容器ボトルである

BPA科学物質がでない製品で、すべてシアトルの工場で生産されている
プラティパス,水漏れ,登山,水筒

 

ハイドレーションのメリット

いつでも水分補給がとれる

喉の渇きをおさえ、バテや日射病&高山病予防になる
プラティパス,水漏れ,登山,水筒

 

 プラティパスのデメリット

中が洗いにくい

水垢などが付着しても掃除しにくい

強度による水漏れが心配
内圧や屈曲による亀裂・劣化など

プラティパス,水漏れ,登山,水筒

 

ハイドレーションのデメリット

むしろ重くなりセットなどわずらわしい
飲んだ量が不明
ホースが洗いにくい
水漏れのトラブル
飲み口が不衛生

プラティパス,水漏れ,登山,水筒

 

本当にハイドレーションは必要なのか!?

こうやって見ると、ハイドレーションのデメリットというのが目立ちます。
私も使っていて思うことは、ホースに気を使うということです。
間違って飲み口の部分にテンションがかかると水漏れを起こすだけでなく、砂ぼこりなどがつきやすく、衛生的とはいえません。
今では、チューブにつけるインラインバルブや飲み口のカバー(バイトバルブカバー)などアクセサリーが揃っていますが、正直どんどん重さも構造も複雑になって、
山ギア本来の「シンプルであれ!」
という理念には若干反してきます。
プラティパス,水漏れ,登山,水筒

 

ちょっと考えてください。

 

そこまでして、歩きながら飲まなければならない登山を
あなたはやっているのだろうか!?

 

のどが渇いたならば、
ちょっと足を止めて、
休憩がてら、景色や風の音を意識して
ザックから取り出して飲んでもいんじゃないの?
と言ってみたいわけです。

 

タイムを競うトレランレースとかなら別ですけど・・・

 

いつも飲めるのなら、我慢はしなくていい反面
喉の渇きを潤す快感を味わえなくなってしまう。
山で飲む水のうまい!が無くなるのってちょっと寂しい。
山ってそうでしょ!?

 

プラティパスはボトルこそシンプルに使えるアイテム

さて、通常の登山であれば、
普通に歩ける人であれば、
日本の登山では、ハイドレーションにこだわらなくても良いのです。
(ダメといっているわけではない)

 

プラティパスはボトルこそ最強だとおもっています。

 

もちろんジップ式などではなく、ノーマルなソフトボトルやプラスボトルです。
水漏れのトラブルが最も少なく、余計なコストもかからず、長持ちします。

 

ハイドレーションが最も最適なのは?

たとえばタイムリーなトレランや、ロング縦走といった、山を味わうというよりは、体力試し的な行動のときです。
あるいは、岩壁や岩稜などのバリエーションで、いつでも休憩できるわけではない、あるいはザックを降ろせないようなシチュエーションのときに威力を発揮できます。
プラティパス,水漏れ,登山,水筒

 

プラティパスのおきて

水以外は入れないことです

ペットボトルと違って何度も使う物ですから、水だけにしておきましょう。スポーツ飲料をいれてしまうと、その味がついてしまいます。
ただし、ハイドレーションの場合は、実感ですけども、ホースを伝って飲む水は、なんとなくまずい、気がしています。
私は、ハイドレーションはスポーツドリンク専用にしていましたが、
しばらく使わないと、黄ばんできてしまいました(笑

 

たたむ時は折り曲げない

なんども折り曲げていると屈曲面が劣化して、水漏れしてきます。
収納するときはクルクル丸めて輪ゴムなどでとめておきます。
プラティパス,水漏れ,登山,水筒

 

満タンに入れない

プラティパスはソフトなので、ザック内で圧力がかかると水漏れする可能性がでてきます。
水はだいたいザックの上のほうに入れるはずですので、漏れたらその下の荷物が水浸しになってしまいますよ。
満タンにいれずに空気を入れておくことで、水の圧力を逃がすことができます。

 

 

お役立ち情報リンク
プラティパス公式ページ
プラティパスのトラブルシューティングQ&A
BPAが含まれないBPAフリーのプラスチック製品が増えている背景は?

ブラックダイヤモンド,ヘッドライト,スポット,リボルト,コズモ,ギズモ,ストーム

ブラックダイヤモンドのヘッドライトが2017年モデルでました!山で使いやすい上位機種として、以前もスポット(現行品)を紹介しましたが、今回は、その上位版ともいえるリボルトを手に入れましたので紹介します。たかが、ヘッドライトですが、使い勝手の良いライトは山での快適性と安心感が違います!

グローブ,ブラックダイヤモンド,インナーグローブ,フリース

冬のシーズンもこよなく使っているブラックダイヤモンドのパワーストレッチのグローブ。ライトウェイト・ミッドウェイト・ヘビーウェイトなどありますが、冬季用には、ミッドウェイトがおすすめ。ついでにモンブランも使ってみましたが・・・

ヘルメット,帽子,メッシュ,通気性,おすすめ

間もなく夏山です。最近はアルプスなどの岩場の縦走などはヘルメットが必須となってきました。しかし、真夏のヘルメットは蒸れやすく、帽子をかぶるとさらに暑いです。山研がおすすめするヘルメットに合う帽子はこんなやつ!

ヘッドライト,ヘッドランプ,おすすめ,ブラックダイヤモンド,スポット

ヘッドライトのLED化が進んで、ずいぶん進化してきました。昨年あたりからペツルから優れたヘッドライトがラインナップされ、人気の座を奪われている感がしなくもないブラックダイヤモンドのヘッデンですが、山研としてはやっぱり落ち着くのが、このBDのスポットなのでした。※なお、スポットの兼価版としてコズモ(160ルーメン60m)があり、初心者にはこちらもオススメ!

登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ

夏山登山でのグローブで最終的に行き着いたのは、けっきょくは、岩登り、クライミングで使っているグローブでした。(久しぶりの更新ですみません)

ゲイター,アウトドアリサーチ,バーグラス,クロコゲイター

OR/アウトドアリサーチは、アメリカの有名なアウトドアブランドで、私も小物などけっこう好きで持っていますが、今回は、ゲイターをレビューしたいと思います。ゲイター(スパッツ)といえば、雪山装備では必須のアイテムであり、各メーカー様々なゲイターがあって、どれも甲乙つけがたいものが増えていますね。ORのゲイターは昔から定評があり使いやすいので、3回くらいは買い続けています。そのほかにも、BDやマジックマ...

登山用品,携帯,スマホ,スマートフォン,選び方

スマホです。話題のiPhone6も、エクスペディアもアクオスも、見ていると欲しくなってしまいます。そんな最近の高性能なスマホですが、我々山ヤさんにとっては、やはり「山で使えるか」というのが、買い替えるときの条件になりましょうか。ということで、これまで山でフルに使っていて吟味したことを書いて見ます。

アウトドアリサーチ,帽子,キャップ,レイダーポケットキャップ,登山,アウトドア

山とかアウトドアで被っている帽子って、個性がでます。でも、デザインはよくても被りにくい帽子も数多あることは確か。正直、誰が被っても期待を裏切らない帽子があるとしたら、アウトドアリサーチの帽子だと思います。レイダーポケットキャップはかぶり良かった!

プラティパス,水漏れ,登山,水筒

ハイドレーションシステムという言葉を全国に広めた代名詞ともいえるアウトドア水筒の革命児プラティパス。多用している人もいれば、水漏れに不安視する人も多いと思う。実際にハイドレーションでは水漏れでザックがびしょびしょになっているのを何度か見てきた。なのでプラティパスの使い道をよく考えてみたいと思う。

山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒

山に持ち歩くステンレス保温ポット(マグボトル)、言ってみれば日用品です。だからといって山専ボトルのような重くてかさばる水筒を持ってきているのも見かけます。チッチッチッ!分かってないねぇ。選び方を紹介します^^

ワイン用の水筒なんて、マニアックな!そんなのほんとに必要なのかな、と思っていたのに、ワインにはまると、欲しくなった!でも間違ってもハイドレーションにはできないよねー