自宅でブレスサーモの布団で寝れる!|ミズノ&寝具メーカー

ミズノと西川リビングが共同開発したブレスサーモの寝具

山小屋の布団といえば、最近はミズノのブレスサーモが幅を利かせています。
布団の端に「寒いときはこちらの面を表側に、暑いときはこちらの面を…」ていうラベルが貼ってある、あの布団です。
そう、自宅用にでたんですよ。ブレスサーモの布団(笑


MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

 

ブレスサーモとは!?

まずブレスサーモって何かを分からない方のために説明しておきますと、これはミズノが開発した独自の化繊素材です。
ブレスサーモは水分を吸収したときに発熱する効果があり、出た当初はかなり画期的素材として脚光を浴びました。
店頭にも、スプレーとブレスサーモの生地がモニタリングしてあり、霧吹きをして触ると、暖かく感じるというデモーストレーションがありました。
なので、体感としても理解されている人も多いと思います。発熱する素材、そして保温性や消臭効果もすぐれています。

 

現在、アンダーウェアとしては、同格かそれ以上の機能の素材もあることから、かならずしも上位の素材とはうけとめられていないようですが、私も発売当初はアンダー上下を擦り切れるまで着ていた身です。ブレスサーモ、キライじゃないですよ
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

 

布団の裏表で素材が違うの!?

山小屋の布団の場合、暑い時と寒い時と寒暖が激しいですよね!? 真夏の混雑した山小屋などは、もう蒸れて暑苦しかったり、かといえば、少ない宿泊客の秋口などは急に寒くなったり。
なので、ブレスサーモの布団が登場したのでしょう。
恐らく、片面にブレスサーモ、半対面はそれ以外のポリエステル系の繊維がはいっていて、それで、寒暖で裏表の使い方をするのでしょう。
※夏だからといって、涼しくなるわけではありません(笑

自宅用のブレスサーモ布団

さて、自宅用に開発されたブレスサーモの布団ですが、これは保温性重視です。
西川リビングという聞いたことあるような寝具メーカーとの共同開発で発売されています。
マットレス、敷き毛布にブランケット、掛け布団などラインナップが揃っています。

 

素材の内容を見ていますと、どれも、ブレスサーモが10%から20%ほと入っています。
その外は、寝具メーカーよろしく、ごく一般的な寝具と風合いも心地よさも変わらないようです。

 

西川リビングのエアロジー+のマットレスは最高

気になるエアロジー+とのコラボマットレスバッド
(ミズノ×西川リビング AEROG+パッド)

先日、男のマットレス(アキレス)を購入したので後手なのですが、そのときに調べた素材AEROG+(エアロジー+)は知っていて、今回は、AEROG+とブレスサーモのコラボマットレスがあるんですねぇ。使ってみたい!
AEROG+は中華のはるさめを揚げたような素材で、加重分散と超通気性の両立を果たした素材です。
ブレスサーモをあわせればさぞかし快適なことは言うまでもありませんね。
このバッドはそのままベッドや布団の上から掛けられます!

 

ミズノ×西川リビングの寝具はコチラから
MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ

最近、ヘタリきったマットレス+せんべい布団をやめて、ベッドにしたものの、朝起きたら腰や背中が痛い、なんてことがよくあります。もう歳のせいなのか・・・とあきらめず、快眠を追及すべく、ポケットコイルのベッド上に、新しくエムリリーというマットレスを敷いてみたらこれが快眠でした!睡眠大事!番外編で、マットレスのレビューです。

ブレスサーモ,布団,寝袋,ミズノ,西川

山小屋の布団といえば、最近はミズノのブレスサーモが幅を利かせています。布団の端に「寒いときはこちらの面を表側に、暑いときはこちらの面を…」ていうラベルが貼ってある、あの布団です。そう、自宅用にでたんですよ。ブレスサーモの布団(笑

アキレス,マットレス,男の為の,寝具

最近、ものすごく眠るときが楽しみになったことがあります。それは布団をやめてマットレスを使い出したからです。睡眠は重要です。毎日のコンディションは睡眠によって決まるともいえます。快適な寝床なくしては、毎日熟睡できません。え!?山ギアと関係ないって?! だから番外編♪アスリートな体系の人にぴったりの、「俺の為のマットレス」なるものを使ってみた。