厳選!注目したいオススメのアルパインザック

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

山ギア研究所のおすすめする登山用アルパインザックを紹介します。
雪山やアルパインクライミングで使える定評のあるザック、初めて手に入れるのにどれが良いか分からない人に参考になればと思います!


アルパインザックを選ぶ前に知っておくこと

アルパインザックを選ぶ前に、アルパインザックの特徴を知っておいたほうがいいと思います。
これは山ギア研究所の主観であるので、参考までに。

知っておけよ!アルパインザックの特徴とはこれだ!

フォルムがスリムである

薄く、細長い形のザックが多い。クライミングにおける重心バランスを重要な項目と位置づけ、前後左右にぶれにくいデザイン。ボトムが尻つぼみになったような形はまさにそれ!

 

シンプルで余計なものがついていない

一概には言えないが、サイドボケットやメッシュポケットなどが無いものがほとんど。ポケットがあるということは、雪がそこの詰ってしまうので除外している。なので、サイドを引き締めるベルトなどが付いている程度が主流。夏用サックが使い物にならないのはこういうところ。

 

背負い心地が最適

これは人によるかもしれないが、アルパインザックはとにかく背負い易い。背中にフィットするし、バランスもよい。背負っていて気持ちが良い。

 

アックスホルダーは二つ クランポンケース

ダブルアックスを想定しているものがほとんど。その他、スノースコップ用に背面パネルがある場合もある。アックスホルダーはバックルでとめたり、ゴムで縛ったり、ループに通すだけ、ベルクロなどいろいろだが、使い勝手はザックによる。クランポンケースが背面についているザックもあるが、重量1kgもあるクランポンが重心から最も離れている背面に取り付けるのはどうがと思う。

 

雨蓋は切り離しが可能

最近では雨蓋が無いタイプもあるが、基本、雨蓋のポケットは重要で使いやすい。このトップの部分がテープで緩められ切り離しも可能になっているのが普通だ。もし、ザック本体に縫い付けてあるのなら、それはモグリのアルパインザックということになる。アイゼンやジャケットなど荷物満載になることも多い雪山では、雨蓋の嵩上げが出来ないと話にならない。

 

ザックの生地が厚めなのだが軽め

アイゼンやアックス、あるいは岩壁に身をよじらすこともあるため、アルパインザックの生地は、ペラいナイロンではなく、ある程度引き裂きに強い生地が主流。ただ、軽量化は最重要課題なので、見た目よりも軽い。重いザックもタマにはあるが、軽量化はミニマリストには必須な条件だ。

 

ウエストベルトにはカラビナホルダー

ザックのウエストベルトは、小物ポーチじゃなく、カラビナホルダーのループが付いているのが本物。確かに小物ポーチにはカメラなど入れられ便利そうだが、それはシチュエーションがまったく理解できていないだけ。

 

まだ上げられそうですが、こんなところです。

 

規格を満たしたアルパインザックたち

 

ブラックダイヤモンド |スピード (30/40)

 

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

 

なにはともあれBDのスピードは筆頭です。
背面さえフィットすれば、このスピードを選んでおけば間違いないでしょう。
とくに現行のモデルはかなり評判が高く背負いやすく使いやすい。
数年ごとにモデルも変更するので、ベストなときに選んでおくのがよい。
初心者なら30L。テント泊想定なら40L

 

オスプレー | バリアント(37/52)

 

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

 

オスプレーのアルパインザックというと、ミュータントという優秀なザックがありますが、こちらは以前レビューしてますので、あえてバリアント。
といってもミュータントよりも先に一世風靡したザックがバリアントです。背負いやすく、シンプルで、アルパインザックの代名詞といっても過言ではないでしょう。現行モデルは、スキーループやヒップベルトの着脱、フロントパネルなど利便性重視になっています。

 

マウンテンハードウェア | ダイアティッシマ (35/50)

 

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

 

マウンテンハードウェアのオリジナル防水透湿素材であるアウトドライを採用したアルパインザック。
シルエットもさることながら、アウトドライによる日本の湿った気候にも適応するおすすめパック。
両サイドには山スキーも装着でき、アルパインをオールラウンドに楽しめるスグレモノ。

 

マムート | トリオン(トライオン) ガイド (35+7/45+7)

 

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

 

マムートのアルパインザックはラインナップが幅広い。そのなかでもTrionシリーズが人気。
用途にもよるが、トリオン ガイドを紹介する。
耐水圧の高い厚めのナイロンにポールフレームが入っている。
ギアループ付きのウェストベルトは取り外し可能。背面パッドも厚い。
レディースはTREA GUIDE(トレアガイド)というモデルになる。

 

ミレー |トリロジー(30)プロライダー(30/38)

 

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

 

ミレーの定番アルパインザックといえば、プロライダーとトリロジーだ。
30lに関して言えば、プロライダーもトリロジーもほぼ同じデザイン。若干の差はあるがトリロジーのほうが後発。
どちらもフランス、シャモニーガイドの公式モデルといえば納得。

 

ノースフェイス | コブラ(52/60)

 

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

 

ノースフェイスのアルパインザックも歴史があります。昔はド定番のようなデザインのザックもありましたが、最近はかなり改良されています。アルパインクライミング向けにクランポンポケットやヘルメット用メッシュも付属。背面フレームがポールではなくシート式。
使い勝手は良さそうだが、若干重さが気になるところ(52l:1700g)。

 

その他、気になったら追記します!

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

山ギア研究所のおすすめする登山用アルパインザックを紹介します。雪山やアルパインクライミングで使える定評のあるザック、初めて手に入れるのにどれが良いか分からない人に参考になればと思います!

ザック,パック,登山,ギア,評価,口コミ,レビュー

アルパインクライマーにとって人気が根強いザック ブラックダイヤモンド スピード。とっても使いやすいです。スピード40は、アルパインクライミング向けな他に、山小屋泊ベースの縦走でもちょうどよいザックです。何が良いかというと、

ノースフェイス,リュック

 ノースフェイスの通販サイトの売れ筋ランキングの人気トップに登場しているリュック、テルス25アウトドアや登山のリュックとしても良し、通勤用のバッグとしてもよし。人気の理由は・・・!?

アセンジョニスト,パタゴニア,ザック,パック,評価,口コミ,レビュー

パタゴニア アセンジョニストパック35Lうなりますねぇこのザック。軽量で機能性のあるウェアを手がけるパタゴニアから、本格的なクライマー仕様のザックがでるとは。カラーは2種類。オレンジと白。白は汚れがめだつよなぁ。。。といいつつ、白35Lをお買い上げ♪

グラナイトギア,ザック,パック,登山,クラウン,ニンバストレース,LEOPARD,評価,口コミ,レビュー

バックパックの名門ブランドとして、最近日本でも有名になってきたグラナイトギア。その奇抜なデザインとシンプルな構造、そして落ち着いたカラーリングのザックは確かに魅力的です。ベイパートレイル・ヴァーガ・クラウンといった60Lクラスの軽量大型パックは人気!今回、主力で使っているこの大型ザックをレポートしてみます

ノースフェイス,バンチー,ザック,バッグ,リュック,登山,おすすめ

今回もザックです。ちょっと使い心地を拝見♪ノースフェイスのバンチー 35です。コアなアイテムではなく、登山ビギナーにとても推奨できるモデルです!

ノースフェース,リュック,バッグフューズボックス,シャトルデイパック

ノースフェイスのシステムバッグがものすごく人気のようです。中でも、BCフューズボックス/シャトルデイパック/プロヒューズボックスがトップ5入りしています。まさに大人のランドセルともいえるこのアウトドア志向なビジネスパックは、通勤から出張までかなり快適に、スマートに過ごせそうです。

ミレー,ザック,リュック,バッグ,プロライター,トリロジー

ミレーのザック、買っちゃいました! 30Lのアルパイン&バックカントリー用のリュック、トリロジー30(TRIROGY30)です。これは定番ザックのプロライター30とまったく同じモデルです。限定版です。ということで、レビューしてみます。

リュック,ザック,バッグ,登山,パーゴワークス,カーゴ40

少しづつ知名度が上がっているパーゴワークス(paago works)は日本の小物バッグブランドとして誕生しましたが、ココ数年で40Lの中型ザックを登場させ、脚光を浴びています。そのパッキングシステムが独特すぎて、その使い心地がはたして快適なのかどうなのか、怖くて手が出せない方々のために、ちょっと声をお届けします。

ミレー,リュック,ザック,バックパック,UBIC,おすすめ

ミレーのザックって、ちょっと変わったリュックのデザインが目立つブランドです。先のトリロジーもレビューしましたが、今回は、UBICという中型ザックを紹介します。これ、30Lから60Lまで幅広くラインナップされていますが、恥ずかしながら、知りませんでした。何用なのか?見てビックリのマルチザックだった

ミュータント,オスプレー,ザック,バリアント,ザック

ミュータントといえば、けっこう前に登場したオスプレーのアルパインザックだが、それより以前にでた軽量アルパインザック、バリアントの脚光の影に、やや人気を奪われたザックでした。かくいう私も、すぐにバリアントを手にしていましたので、ミュータントにはあまり関心を示しませんでした。しかし、今期の改良モデルはかなりすごいことになっていて、もはやバリアントよりいいんじゃまいか?という結論に達するのであった。