バリアントを超えたミュータント|オスプレーのザック

バリアントを超えたミュータント|オスプレーのザック

オスプレーのミュータント38はバリアントを超える性能ザック

ミュータントといえば、けっこう前に登場したオスプレーのアルパインザックだが、それより以前にでた軽量アルパインザック、バリアントの脚光の影に、やや人気を奪われたザックでした。かくいう私も、すぐにバリアントを手にしていましたので、ミュータントにはあまり関心を示しませんでした。
しかし、今期の改良モデルはかなりすごいことになっていて、もはやバリアントよりいいんじゃまいか?という結論に達するのであった。


 

オスプレー ミュータント オスプレー ミュータント

 

今回は知人方の使っていたミュータント38に魅せられて、その機能を評価しています。ミュータントは38Lのほかに28Lがありますが、28Lのほうにはトップポケット(雨蓋)がなく、ジッパー開閉式です。

ここが変わった、ミュータント38

ミュータントは当然、悪くないアルパインザックという認識でいましたが、今回はデザインも含め一新しまして、まさにカッコイイアルパインザックになっています。スキー、クライミング、スノーアクティビティ、アルパインと、なんでもこなします。もちろん、バランスや容量からしても、一般登山で大いに使えるとおもいます。
背面はすっきりとしたデザインですが、バイルの収納も出し入れしやすい形。
ジッパーやプル物アクセサリーは、グローブ装着の想定をして、操作性を出していますね。

 

収納可能なヘルメットホルダー

オスプレーのミュータント38のトップはヘルメットホルダー付
最近ヘルメットの携行が北アルプスなどでも一般化されていますので、トップの雨蓋にヘルメット用のホルダーが標準装備されているのは非常にポイント高いです。しかも、伸縮性のあるメッシュで、使わないときはポケットに収納ができます。

 

背面の改良などで軽量化を実現

オスプレーのミュータント38の背面の構造
背面は通気性が良いのですが、以前は穴の大きなメッシュでしたが、新デザインはキメが細かくなっています。これは、雪がついても網目に付着しにくい構造に改良されています。
中のパッド、ショルダーパッドは、クッション性をだしつつも、クッション材の肉抜きをおこなっていて、軽量化させています。
また、背負ったときの安定感があるのは、背中のフレームとアルミニウムのステーがあるからなのですが、この両方とも外して軽量化させられます。
そして、ウエストベルトは着脱可能で、単なるパッド付きのフラップと交換も可能です。
すべて軽量化させると1kgを軽く下回る仕様となっています。

 

当然のようなぴったりフィットに感心

オスプレーのミュータント38を背負う。バリアントもいいが、こっちもいい
背負い心地はいうことなし。背中の密着感は、ブラックダイヤモンドのスピード40やパタゴニアのアセンジョニストパックなどとも一味違うフィット感(説明しにくい)
ザックのサイドループは、スキー用の太いループが一つ付いている他に、斜めに走るナイロンベルト。こちらは、中間の接続ポイントで仮固定されているので短いものでも締め付けやすい。

 

トップバック(雨蓋)を外して軽量化

オスプレーのミュータント38のフラップジャケット。バリアントにもある
ザック本体の入り口には通常、スノーガードのフラップがついていますが、オスプレーのミュータントの場合、トップの雨蓋を外して、このスノーガードがザックのトップフラップとして使うようにデザインされています。つまり、トップバックを外して、軽量化可能です。
オスプレーのミュータント38のフラップジャケットの裏。バリアントにもある
スノーフラップの裏は、メッシュポケット付きという気の配りよう。左右にバックルがついていてひっくり返して、本体バックルと接続する
 
バリアントとミュータント
オスプレー ミュータント オスプレー ミュータント

 

バリアントと比べて

使用目的にもよりますから一概には言えませんが、新しいバリアント37と、当たらしミュータント38
どうみても、バリアントのほうが容量が大きそうです(笑
大きな違いは、バリアントは軽量化よりも背負い心地重視といった感じがしました。背面やショルダーパッドも厚めで、肩の食い込みによる痛みは少なそうです。つまり荷物をたくさん入れることを想定していると思います。
一方ミュータントは、ライト&ファースト仕様です。分かりにくいですが、若干趣向がちがいます。
着脱トップポケットやウェストベルトなどミュータントと重なる仕様もあります。
色はミュータントは、ブラック&紺とブラック&グリーン、バリアントはブラックとレッドです。

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

山ギア研究所のおすすめする登山用アルパインザックを紹介します。雪山やアルパインクライミングで使える定評のあるザック、初めて手に入れるのにどれが良いか分からない人に参考になればと思います!

ザック,パック,登山,ギア,評価,口コミ,レビュー

アルパインクライマーにとって人気が根強いザック ブラックダイヤモンド スピード。とっても使いやすいです。スピード40は、アルパインクライミング向けな他に、山小屋泊ベースの縦走でもちょうどよいザックです。何が良いかというと、

ノースフェイス,リュック

 ノースフェイスの通販サイトの売れ筋ランキングの人気トップに登場しているリュック、テルス25アウトドアや登山のリュックとしても良し、通勤用のバッグとしてもよし。人気の理由は・・・!?

アセンジョニスト,パタゴニア,ザック,パック,評価,口コミ,レビュー

パタゴニア アセンジョニストパック35Lうなりますねぇこのザック。軽量で機能性のあるウェアを手がけるパタゴニアから、本格的なクライマー仕様のザックがでるとは。カラーは2種類。オレンジと白。白は汚れがめだつよなぁ。。。といいつつ、白35Lをお買い上げ♪

グラナイトギア,ザック,パック,登山,クラウン,ニンバストレース,LEOPARD,評価,口コミ,レビュー

バックパックの名門ブランドとして、最近日本でも有名になってきたグラナイトギア。その奇抜なデザインとシンプルな構造、そして落ち着いたカラーリングのザックは確かに魅力的です。ベイパートレイル・ヴァーガ・クラウンといった60Lクラスの軽量大型パックは人気!今回、主力で使っているこの大型ザックをレポートしてみます

ノースフェイス,バンチー,ザック,バッグ,リュック,登山,おすすめ

今回もザックです。ちょっと使い心地を拝見♪ノースフェイスのバンチー 35です。コアなアイテムではなく、登山ビギナーにとても推奨できるモデルです!

ノースフェース,リュック,バッグフューズボックス,シャトルデイパック

ノースフェイスのシステムバッグがものすごく人気のようです。中でも、BCフューズボックス/シャトルデイパック/プロヒューズボックスがトップ5入りしています。まさに大人のランドセルともいえるこのアウトドア志向なビジネスパックは、通勤から出張までかなり快適に、スマートに過ごせそうです。

ミレー,ザック,リュック,バッグ,プロライター,トリロジー

ミレーのザック、買っちゃいました! 30Lのアルパイン&バックカントリー用のリュック、トリロジー30(TRIROGY30)です。これは定番ザックのプロライター30とまったく同じモデルです。限定版です。ということで、レビューしてみます。

リュック,ザック,バッグ,登山,パーゴワークス,カーゴ40

少しづつ知名度が上がっているパーゴワークス(paago works)は日本の小物バッグブランドとして誕生しましたが、ココ数年で40Lの中型ザックを登場させ、脚光を浴びています。そのパッキングシステムが独特すぎて、その使い心地がはたして快適なのかどうなのか、怖くて手が出せない方々のために、ちょっと声をお届けします。

ミレー,リュック,ザック,バックパック,UBIC,おすすめ

ミレーのザックって、ちょっと変わったリュックのデザインが目立つブランドです。先のトリロジーもレビューしましたが、今回は、UBICという中型ザックを紹介します。これ、30Lから60Lまで幅広くラインナップされていますが、恥ずかしながら、知りませんでした。何用なのか?見てビックリのマルチザックだった

ミュータント,オスプレー,ザック,バリアント,ザック

ミュータントといえば、けっこう前に登場したオスプレーのアルパインザックだが、それより以前にでた軽量アルパインザック、バリアントの脚光の影に、やや人気を奪われたザックでした。かくいう私も、すぐにバリアントを手にしていましたので、ミュータントにはあまり関心を示しませんでした。しかし、今期の改良モデルはかなりすごいことになっていて、もはやバリアントよりいいんじゃまいか?という結論に達するのであった。