パーゴワークスのザックがやばい!|カーゴ40のパッキングシステム

パーゴワークスのザックがやばい!|カーゴ40のパッキングシステム

paago worksのカーゴ40

少しづつ知名度が上がっているパーゴワークス(paago works)は日本の小物バッグブランドとして誕生しましたが、ココ数年で40Lの中型ザックを登場させ、脚光を浴びています。そのパッキングシステムが独特すぎて、その使い心地がはたして快適なのかどうなのか、怖くて手が出せない方々のために、ちょっと声をお届けします。


paago worksのカーゴ40

実用性を発揮できるのか、フレックスパッキングシステム

インナーバックを包む「キャリア」「背負子」という機能を引き出したデザインが目を見張ります。
ザックの機能の一つである袋という概念を外し、キャリアとしたわけです。
これによりパッキングをより自在なものにすると同時に、軽量化にもなっています。
パーゴのカーゴ40のフレックスパッキングシステム
カーゴ40のフレックスパッキングシステム(パーゴワークスWEBページより)

 

問題のない背負い心地

背面は、いたってシンプルです。日本人の体系にあわせたパネルはフィット感がよいことは言うまでもありません。
ウェストベルトは初代は外せたのですが、現行品は固定されています。位置が若干上に補正され、よりフィット感を上げています。
ベルトは内側に引っ張り締め上げるのもいいです!
パーゴのカーゴ40のウエストベルトと背面パネル

 

収納も充実!カーゴ40

カーゴのザックはサイドパネルと雨蓋(トップパネル)をコンプレッションベルトで締めるように荷物を収納します。つまり袋に頼れない分、荷物をパネルで引き締めるので、荷物の重心が背面寄りとなりすごくバランスがよいです。しかも、荷物の多少を選びません。小物などは、トップパネルに収納できますが、こちらは取り外してフロントバックとして使えます。これなんかパーゴらしいアイデアです。バッグ内には小物ポケットもついています。また、サイドポケットやフロントのコンプレッションベルトなどで、他のザックと同等の小物やアクセサリーなどの荷物を取り付けられます。
パーゴのカーゴ40の内ポケット


若干難点もあったり

軽量化のために、背面にプラのパネルがインサートされているのですが、ショルダーベルトとの連結部分(ザック本体パネル上のほう)が、引っ張ると、フニャリと曲がってしまいます。フレームを入れるなどして、曲がらないような改良もほしいところです。
パーゴワークスのカーゴ40の背面フレーム

 

沢登りに最適!カーゴ40は使えるザック

しかし総評としては、日本ならではのザックといって良いのではないでしょうか。夏山はもちろんでしょうが、とくに沢登りなどにもかなり使いやすいザックです。そう、沢用のザックとしてはかなりいけてる!
パッキングも付属のパック以外にも何でも使えますから、もっと分厚い防水パックにすることもできます。
底面には、水抜き用の穴が二つついています。
パーゴワークスのカーゴ40は沢登りに最適!

 

ということで、使ってみる価値は大ですよぉ!

 

パーゴワークス カーゴ パーゴワークス カーゴ

リュック,ザック,登山,アルパイン,雪山,おすすめ

山ギア研究所のおすすめする登山用アルパインザックを紹介します。雪山やアルパインクライミングで使える定評のあるザック、初めて手に入れるのにどれが良いか分からない人に参考になればと思います!

ザック,パック,登山,ギア,評価,口コミ,レビュー

アルパインクライマーにとって人気が根強いザック ブラックダイヤモンド スピード。とっても使いやすいです。スピード40は、アルパインクライミング向けな他に、山小屋泊ベースの縦走でもちょうどよいザックです。何が良いかというと、

ノースフェイス,リュック

 ノースフェイスの通販サイトの売れ筋ランキングの人気トップに登場しているリュック、テルス25アウトドアや登山のリュックとしても良し、通勤用のバッグとしてもよし。人気の理由は・・・!?

アセンジョニスト,パタゴニア,ザック,パック,評価,口コミ,レビュー

パタゴニア アセンジョニストパック35Lうなりますねぇこのザック。軽量で機能性のあるウェアを手がけるパタゴニアから、本格的なクライマー仕様のザックがでるとは。カラーは2種類。オレンジと白。白は汚れがめだつよなぁ。。。といいつつ、白35Lをお買い上げ♪

グラナイトギア,ザック,パック,登山,クラウン,ニンバストレース,LEOPARD,評価,口コミ,レビュー

バックパックの名門ブランドとして、最近日本でも有名になってきたグラナイトギア。その奇抜なデザインとシンプルな構造、そして落ち着いたカラーリングのザックは確かに魅力的です。ベイパートレイル・ヴァーガ・クラウンといった60Lクラスの軽量大型パックは人気!今回、主力で使っているこの大型ザックをレポートしてみます

ノースフェイス,バンチー,ザック,バッグ,リュック,登山,おすすめ

今回もザックです。ちょっと使い心地を拝見♪ノースフェイスのバンチー 35です。コアなアイテムではなく、登山ビギナーにとても推奨できるモデルです!

ノースフェース,リュック,バッグフューズボックス,シャトルデイパック

ノースフェイスのシステムバッグがものすごく人気のようです。中でも、BCフューズボックス/シャトルデイパック/プロヒューズボックスがトップ5入りしています。まさに大人のランドセルともいえるこのアウトドア志向なビジネスパックは、通勤から出張までかなり快適に、スマートに過ごせそうです。

ミレー,ザック,リュック,バッグ,プロライター,トリロジー

ミレーのザック、買っちゃいました! 30Lのアルパイン&バックカントリー用のリュック、トリロジー30(TRIROGY30)です。これは定番ザックのプロライター30とまったく同じモデルです。限定版です。ということで、レビューしてみます。

リュック,ザック,バッグ,登山,パーゴワークス,カーゴ40

少しづつ知名度が上がっているパーゴワークス(paago works)は日本の小物バッグブランドとして誕生しましたが、ココ数年で40Lの中型ザックを登場させ、脚光を浴びています。そのパッキングシステムが独特すぎて、その使い心地がはたして快適なのかどうなのか、怖くて手が出せない方々のために、ちょっと声をお届けします。

ミレー,リュック,ザック,バックパック,UBIC,おすすめ

ミレーのザックって、ちょっと変わったリュックのデザインが目立つブランドです。先のトリロジーもレビューしましたが、今回は、UBICという中型ザックを紹介します。これ、30Lから60Lまで幅広くラインナップされていますが、恥ずかしながら、知りませんでした。何用なのか?見てビックリのマルチザックだった

ミュータント,オスプレー,ザック,バリアント,ザック

ミュータントといえば、けっこう前に登場したオスプレーのアルパインザックだが、それより以前にでた軽量アルパインザック、バリアントの脚光の影に、やや人気を奪われたザックでした。かくいう私も、すぐにバリアントを手にしていましたので、ミュータントにはあまり関心を示しませんでした。しかし、今期の改良モデルはかなりすごいことになっていて、もはやバリアントよりいいんじゃまいか?という結論に達するのであった。