ノースフェイスのダウンジャケット比較|違いと選び方

ノースフェイス インナーダウンジャケットを比べてみる

ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウンノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン

アコンカグアダウンジャケット/アルパインヌプシジャケット/プロダウン ライトヒート ジャケット
ノースフェイスのミッドレイヤーダウンジャケットベスト3

ノースのインナーダウンの人気は高く、その昔、アコンカグアダウンジャケットが出たときは、なにか革命的な着心地と軽さに驚いたのを覚えています。今回は、そのアコンカグアにつづく、プロダウンライトヒートジャケットアルパインヌプシジャケットを比べてみたいと思います。選び方に迷っている方は参考に!

三つとも軽量化されたダウンジャケットでその違いを説明します。
代表的なジャケットですが、それ以外にベストフーディなどのラインナップがあります。

 

それぞれの特徴
アコンカグアダウンジャケット


ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン

中綿はお馴染み光電子ダウンです。これは遠赤外線をほどこしたもので、通常のダウンよりも保温効果が期待できます。
いまやノースフェイスのスタンダード素材として採用されています。
また、アコンカグアのダウンは、ダウンの再利用をされたものも使われています。
重さは3つの中で一番重いですが、それでも300g台です。保温力という点ではすぐれたアイテムです。アウターとしての利用も問題なしです。
表面の生地は撥水処理を施したリップストップナイロン。カラーは黒のみですが、もっとも汎用性に優れたダウンジャケットです。

 

プロダウン ライトヒート ジャケット


ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン

名前にもあるように、光電子プロダウンを採用。より高品質なダウン(高ロフト)に、遠赤外線効果と、さらに撥水性をもたせています。
この撥水性というのは、濡れても従来のダウンのように保温力が著しく落ちない特徴があります。
重さは最軽量の170g! エマージェンシー的な使い方ができるほか、春秋期のレギュラーアイテム、冬季の中間着として使えます。発汗による機能低下を防ぎますので、行動中をメインに考えている場合も活躍してくれます。そのため、ダウンの偏りを考慮したキルトデザインになっています。ハンドウォーマーポケットはありません(内ポケットあり)。スキーや雪山など重宝しそうですね。
※今回比較していませんがライトヒートダウンジャケットは、同じ光電子プロダウンを採用していますが、表ナイロンの質(撥水加工のみ)とキルトデザインの違いなどがあります。重さは195gで24840円。若干の差です。

 

アルパインヌプシジャケット


ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン

ダウン加工はされていませんが、900フィルパワーという最高級のグースダウンを採用。これにより、285gという軽量ながら、最高度の保温効果を期待できます。7デニールという薄さの防風・撥水処理を施した極うすナイロン採用で、ハイエンドなダウンジャケットです。本格的な遠征ならずとも、ちょっと本気をだすようなフィールドでは、アルパインヌプシが最適です。とくにクライミングなど「動かない状態」でも耐えうるアイテムとしてデザインされています。
早わかり違い一覧
ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン
通年を通してつかえるダウンジャケットです。
一つあれば重宝しますが、できれば、全部ほしいなぁ^^;

 

エディーバウアー,ダウン,ダウンジャケット,マイクロサーム,ファーストアセント,レビュー,おすすめ,評判

エディーバウアーというブランド名くらいは知っていましたよ。当然フリースやダウンジャケットもあるのですが、いかんせんカジュアルすぎて山ギアの対象とはなり得ないものだと・・・。しかし、実は山専用のハイエンド装備を出していたんですねー!!(目からウロコということで、エディーバウアーの使えるダウンジャケットのレビューをして見ます

ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン

アコンカグアダウンジャケット/アルパインヌプシジャケット/プロダウン ライトヒート ジャケットノースフェイスのミッドレイヤーダウンジャケットベスト3ノースのインナーダウンの人気は高く、その昔、アコンカグアダウンジャケットが出たときは、なにか革命的な着心地と軽さに驚いたのを覚えています。今回は、そのアコンカグアにつづく、プロダウンライトヒートジャケットとアルパインヌプシジャケットを比べてみたいと思い...

ノースフェイス,ハードシェル,ジャケット,マウンテンジャケット,マウンテンパーカー

ノースフェイスの山岳、雪山用のジャケットで、ハードシェルジャケットにスポットを当ててみます。いくつか種類があるようですが、違いや性能、そしておすすめを紹介したいと思います。下層に製品紹介あり!

モンベル,ライトシェル,アウタージャケット,ライトシェルアウタージャケット,レビュー

もう10年以上前の話ですが、モンベルのド定番ソフトシェルである、ライトシェルジャケットの走りであるプルオーバーを着ていました。そのときは、あまりの使いやすさと着心地に、岩場や山では毎日のように使っていたものです。そんなライトシェルジャケットを買うのは2回目です。そう、今回はライトシェルアウタージャケットをレビューします。

アンダーアーマー,コールドギア,インフラレッド

アンダーアーマーってすごいウェア作ってます。今回紹介するコールドギアのインフラレッドシリーズのウェアは、他社には無い、まったくユニークなやり方で保温効果を発揮させていました。

アウトドアやかんケトルの口のキャップ

いまさらですが、モンベルのアンダーウェア・ジオラインを再認識しています。寒さが戻り、ジオラインの威力を知る

アンダーアーマー,パーカー,ジャケット,ソフトシェル,アウトドア

登山に特化してないアンダーアーマーのソフトシェルジャケットですが、むしろ目だってかっこいい感じがします。そして、他のブランドメーカーよりもお値段もお手ごろ!アンダーアーマーのコールドギアが良かったため、ジャケットやパーカーなど使えるソフトシェルをピックアップしてみたいと思います。

アンダーアーマー,コールドギア,コンプレッション,アンダーウェア,ヒートギア

アンダーアーマーのコールドギアを着てみました。アンダーアーマーといえばトレーニング系のコンプレッションウェアなのですが、いわゆるランやトレランそして登山でも使える!という話を聞いていたので、レビューしています。正直、アンダーアーマーは以前から好きで、クライミングなどでもアンダーウェアとして着ていましたが、今回、改めて着てみると、なんというフィット感!まさにコンプレッション効いています。

アンダーアーマー,ヒートギア,タイツ,ボトム

アンダーアーマーのヒートギアを買ってみました。前回のコールドギアに続き、ヒートギア。着圧のコンプレッションウェアのシャツは何枚か使っていたのですが、今回はボトムタイツ。初めてです。最近、朝ランをやっているのですが、効果のほうは、後日追記します

ウェア,アウトドア,ジャケット,評価,口コミ,レビュー

Picture By finetrack ファイントラック ドライレイヤー、フラッドラッシュは、アンダーの下に着るアンダーとしてこの企業の名を轟かせた画期的ウェアです。一度きたらその威力に感動します。そして、いつのまにか、常に着ていたりします。使用頻度も高いこのウェアにふと疑問が。撥水力って使ってたら落ちてるんじゃないかな?って。フラッドラッシュスキンメッシュ

ファイントラック,フラッドラッシュ,アンダー,評価,口コミ,レビュー

ファイントラックのフラッドラッシュがいつまでも撥水していると思うなヨ| ドライレイヤーの効果は落ちている!?からのつづきさっそく、撥水剤を買ってきました。撥水剤って、普通レインとかゴアのジャケットに使うけど、肌着用とかってあるのでしょうか??

サコートタイツ,選び方,相性,CWX,c3フィット,着圧,高所

CWXサポートタイツ エキスパートモデル山でサポートタイツを履いていて、稀に調子が悪くなる人がいます。でも、なんで調子が悪いのかがわからずに、そのまま頑張ってあるき続け、原因がうやむやになるケースもあるのかもしれません。今やタイツは山の定番として扱われていますが、その選び方は意外に慎重にするべきかと思います。サポートタイツCW-Xレボリューションの記事も書いています。結局CWXに戻ってきた|サポー...

クライミング,パンツ

今回はクライミングパンツについてクローズアップしてみます。動きやすく履き心地最高なクライミングパンツ。その中でもおすすめできる主力のクライミングパンツを紹介します

ホットチリ,ホッチリ,アンダーウェア,ベースレイヤー,ソックス

ホットチリ、知ってますか?レッドチリではありません!ホッチリです! アメリカ生まれのアンダーウェアのブランドです。ちょっと今までと違う奇抜なデザインが若者にも受けています。しかしその暖かさはホットチリの名前が示すごとくスグレモノ?実は私も初めて使ってみたのでした。