サポートタイツが実は苦手、こんな人はひょっとしたら意外と多いのかもしれない


CWXサポートタイツ エキスパートモデル
山でサポートタイツを履いていて、稀に調子が悪くなる人がいます。
でも、なんで調子が悪いのかがわからずに、そのまま頑張ってあるき続け、原因がうやむやになるケースもあるのかもしれません。
今やタイツは山の定番として扱われていますが、その選び方は意外に慎重にするべきかと思います。

 

サポートタイツCW-Xレボリューションの記事も書いています。
結局CWXに戻ってきた|サポートタイツで膝を守るならレボシューション

タイツ全盛時代にもの申す

CWXスキンズC3フィット
私もいくつかタイツを履きました。
しかし今は、驚くほどの種類のタイツがあり圧倒されますね。全部ためせない^^;
アシックス・ミズノ・アディダス・ホグロフス・ファイントラック・アンダーアーマー・ノースフェイス…などなど
もう把握しきれないです。
それも機能が相当に向上しているものがあります。道具の進化はすごいです!
そんな中で、今回は私の経験上、サポートタイツが原因で山で調子がおかしくなったことについて書きます。
これはあくまで経験したことの上での個人的な感想です。

 


C3fit パフォーマンスロングタイツ
サコートタイツ,選び方,相性,CWX,c3フィット,着圧,高所 サコートタイツ,選び方,相性,CWX,c3フィット,着圧,高所

タイツには3種類ある

まず、山のタイツ、ですが、いっぱいありますね。
大きく分けると、3つです。
まず、膝や腰、筋肉のサポートをメインにしているいわゆる①サポートタイツ、伸縮性のある生地のテンションを立体的に変えて、あたかも筋肉に沿ってテーピングをしているような効果を出します。ワコールのCWXがその先駆けとなったものだと思いますが、現在、多数ブランドから出揃っています。
それからもう一つは、軽い着圧により、足に若干の圧を加えて、血流を良くしようという②着圧タイプのもの。これはスキンズが代表的ブランドでしたが、素足でいるよりも、圧を加えることにより体液のめぐりがよくなって、疲労回復効果を持たせているのです。飛行機内で起こるエコノミー症候群対策から生まれた機能です。
そして三つ目は、勝手にカテゴリわけしましたが、このどちらにも属さないような③ノーマルタイプ。独自の何かしらの効果はあるのかもしれませんが、たいていは単純裁断のいわゆるタイツで、カラフルなデザイン性のあるものなどが流行りです。

 

さて、この中で、私が問題視しているのは、①のサポートタイツです。
このサポートタイツは、大体四等筋や膝周りなどにテーピング差ながらのライン(テンションの強い伸縮生地)がウリです。その効果はさすがで、この性能比較に関しては、今後の記事にもしたいところですが、とにかく、それだけ効果を持たせるためには、脚全体にかなりの締め付けをする必要があるのです。
これが、ある人にとっては、おそらく、血流をかえって悪くさせて、足が上がらなくなる、という上体を引き起こします。
私は、何人かそういった人とあったこともありますが、私自身がやはり、そう感じています。
ただし、標高3000mに近いような高所において、という点においてです。
おそらく、タイツの効果をメーカーが計るにあたり、2000mを越えるような高所においての実験結果を持ち合わせていないのじゃないかと思います。
当然、アスリートのような、心臓の強い人には、大差を感じないのかもしれませんが、その逆で、日ごろそれほどトレーニングをしてない人や、心臓(ポンプ)の強くない人中高年、あまり高所に強くないタイプの人、これらの人には、サポートタイツの締め付け力により、足への酸素供給が間に合わずに足が上がらなくなり苦しくなる、という現象がまれにおきるのでは
ないでしょうか。
なぜそういえるかというと、コンディションを崩した人に、タイツをぬいでもらうと、楽になるという事象も何度か経験したからです。

 

あまりにその症状が出る人が少人数であるために、データすらとることもままならないでしょうけど。
思うに低血圧の人は、高所に弱く、サポートタイツの締め付けが高山では致命的となる可能性がある、と見ています。
私は比較的高所に弱いタイプで、2000mくらいから酸素が薄くなっているのが自覚できます。そして、ヒートアップさせるために歩調を早くして登った場合、タイツの締め付けがたしかに、足のだるさ?上がりにくさを感じています(ただ、動けなくなるほどではない)。
ある有力メーカーさんと話をする機会がありましたが、サポート力を増すために、若干きつめのものを推奨しているということでした。それは、履いていると緩みますし、締め付けがあったほうが筋肉のサポートは確実に上がるからです。
ただ、恐らくは高所での使用をさほど意識はしていないのではないでしょうか。多少、最近は、注意事項などで、それに近しいものをみかけることはありますが、まだ、メディアも口をつむっております。

 

サポートタイツがダメということではないので、一応断っておきます。人によっては相当の武器となるアイテムです。たた体力や、膝や腰に問題がなければ、着圧タイプまたはその他のタイツでもいいのではないかなぁと思っています。とくに、サポートタイツは寝るときは着用不可ですので、別にパンツなどを用意する必要もあり荷物になりますし。また、下山だけを考えれば、実に有効です。どこで履くかという点がありますが、頂上の小屋(テン場)から下山だけ、という場合は、高所に弱くても使えると思います。

 

私は膝がもう使いすぎて痛いのですが、サポートタイツは最近は使用していませんけどw
そのまま膝だけにサポーターをしています。
こちらのほうが膝の保護力は強いし、タイツによる圧もなくてすみますしね(どんだけ弱っているんだ^^;)
サポーター系においては、今度も記事書いていきます♪

エディーバウアー,ダウン,ダウンジャケット,マイクロサーム,ファーストアセント,レビュー,おすすめ,評判

エディーバウアーというブランド名くらいは知っていましたよ。当然フリースやダウンジャケットもあるのですが、いかんせんカジュアルすぎて山ギアの対象とはなり得ないものだと・・・。しかし、実は山専用のハイエンド装備を出していたんですねー!!(目からウロコということで、エディーバウアーの使えるダウンジャケットのレビューをして見ます

ノースフェイス,ダウンジャケット,アコンカグア,プロダウン,アルパインヌプシ,ノースフェース,ダウン

アコンカグアダウンジャケット/アルパインヌプシジャケット/プロダウン ライトヒート ジャケットノースフェイスのミッドレイヤーダウンジャケットベスト3ノースのインナーダウンの人気は高く、その昔、アコンカグアダウンジャケットが出たときは、なにか革命的な着心地と軽さに驚いたのを覚えています。今回は、そのアコンカグアにつづく、プロダウンライトヒートジャケットとアルパインヌプシジャケットを比べてみたいと思い...

ノースフェイス,ハードシェル,ジャケット,マウンテンジャケット,マウンテンパーカー

ノースフェイスの山岳、雪山用のジャケットで、ハードシェルジャケットにスポットを当ててみます。いくつか種類があるようですが、違いや性能、そしておすすめを紹介したいと思います。下層に製品紹介あり!

モンベル,ライトシェル,アウタージャケット,ライトシェルアウタージャケット,レビュー

もう10年以上前の話ですが、モンベルのド定番ソフトシェルである、ライトシェルジャケットの走りであるプルオーバーを着ていました。そのときは、あまりの使いやすさと着心地に、岩場や山では毎日のように使っていたものです。そんなライトシェルジャケットを買うのは2回目です。そう、今回はライトシェルアウタージャケットをレビューします。

アンダーアーマー,コールドギア,インフラレッド

アンダーアーマーってすごいウェア作ってます。今回紹介するコールドギアのインフラレッドシリーズのウェアは、他社には無い、まったくユニークなやり方で保温効果を発揮させていました。

アウトドアやかんケトルの口のキャップ

いまさらですが、モンベルのアンダーウェア・ジオラインを再認識しています。寒さが戻り、ジオラインの威力を知る

アンダーアーマー,パーカー,ジャケット,ソフトシェル,アウトドア

登山に特化してないアンダーアーマーのソフトシェルジャケットですが、むしろ目だってかっこいい感じがします。そして、他のブランドメーカーよりもお値段もお手ごろ!アンダーアーマーのコールドギアが良かったため、ジャケットやパーカーなど使えるソフトシェルをピックアップしてみたいと思います。

アンダーアーマー,コールドギア,コンプレッション,アンダーウェア,ヒートギア

アンダーアーマーのコールドギアを着てみました。アンダーアーマーといえばトレーニング系のコンプレッションウェアなのですが、いわゆるランやトレランそして登山でも使える!という話を聞いていたので、レビューしています。正直、アンダーアーマーは以前から好きで、クライミングなどでもアンダーウェアとして着ていましたが、今回、改めて着てみると、なんというフィット感!まさにコンプレッション効いています。

アンダーアーマー,ヒートギア,タイツ,ボトム

アンダーアーマーのヒートギアを買ってみました。前回のコールドギアに続き、ヒートギア。着圧のコンプレッションウェアのシャツは何枚か使っていたのですが、今回はボトムタイツ。初めてです。最近、朝ランをやっているのですが、効果のほうは、後日追記します

ウェア,アウトドア,ジャケット,評価,口コミ,レビュー

Picture By finetrack ファイントラック ドライレイヤー、フラッドラッシュは、アンダーの下に着るアンダーとしてこの企業の名を轟かせた画期的ウェアです。一度きたらその威力に感動します。そして、いつのまにか、常に着ていたりします。使用頻度も高いこのウェアにふと疑問が。撥水力って使ってたら落ちてるんじゃないかな?って。フラッドラッシュスキンメッシュ

ファイントラック,フラッドラッシュ,アンダー,評価,口コミ,レビュー

ファイントラックのフラッドラッシュがいつまでも撥水していると思うなヨ| ドライレイヤーの効果は落ちている!?からのつづきさっそく、撥水剤を買ってきました。撥水剤って、普通レインとかゴアのジャケットに使うけど、肌着用とかってあるのでしょうか??

サコートタイツ,選び方,相性,CWX,c3フィット,着圧,高所

CWXサポートタイツ エキスパートモデル山でサポートタイツを履いていて、稀に調子が悪くなる人がいます。でも、なんで調子が悪いのかがわからずに、そのまま頑張ってあるき続け、原因がうやむやになるケースもあるのかもしれません。今やタイツは山の定番として扱われていますが、その選び方は意外に慎重にするべきかと思います。サポートタイツCW-Xレボリューションの記事も書いています。結局CWXに戻ってきた|サポー...

クライミング,パンツ

今回はクライミングパンツについてクローズアップしてみます。動きやすく履き心地最高なクライミングパンツ。その中でもおすすめできる主力のクライミングパンツを紹介します

ホットチリ,ホッチリ,アンダーウェア,ベースレイヤー,ソックス

ホットチリ、知ってますか?レッドチリではありません!ホッチリです! アメリカ生まれのアンダーウェアのブランドです。ちょっと今までと違う奇抜なデザインが若者にも受けています。しかしその暖かさはホットチリの名前が示すごとくスグレモノ?実は私も初めて使ってみたのでした。