レッドレンサーの高照度ヘッドライトMH10

レッドレンサーの高照度ヘッドライトMH10

ヘッドライト,レッドレンサー,MH10

ドイツのライトメーカー、レッドレンサーのヘッドライトMH10を手に入れました。
高照度のライトは夜中に徘徊するには最適ですね!


使いやすい高照度ヘッドライト|レッドレンサーMH10

登山用っていうと、だいたい登山用品メーカーのヘッドライトが最も使いやすくて機能的だったりします。
レッドレンサーでも、SEOという軽量の登山用モデルがありますが、今回は、あえて夜に行動することが確実で高照度を優先にした場合にも使えるMH10というハイエンドモデルを紹介します。

 

大容量バッテリーで600ルーメンの明るさ

ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
ヘッドライトで600ルーメンというのがちょっとピンとこなかったのですが、MH10の明るさはすごいです。
電気をつけた部屋でヘッドライトを点灯してもすごくくっきり照らします。
LEDは一つだけの一灯なのですが、超強力です。
ライトは丸ではなく、若干四角っぽい感じなのが特徴
ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
リングを回すとスポット照射にかわります。
かなり強力で、人に向けたら危険なくらいです。
リングがすこし硬いので両手で回さなければならないです。

 

ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
ブラックダイヤモンドのヘッドライト(スポット)と比較してみました。BDはハイパワーで300ルーメン。
ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
ちょっとわかりにくいですが、左がMH10、右がスポット。明るさが各段に違います。
MH10のミドルビーム(中)でスポットのハイビームよりもすこし明るいくらいです。

 

注意点としてはMH10を点灯していると、ヘッドライトの熱がすごく高くなります。

 

フィット感と立ち回りばマル

ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
電源ボタンは、ライトのトップについていて、明るさは、高、中、低の3段階。
ヘッドライトのタイプは、バッテリーが後頭部にくるものです。
別バッテリーケースの場合は、少し重さが気になるところですが、バンドの装着感はかなり良いです。
ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
フィットはよいのですが、ウレタンをつかってるので、劣化が少々きになります。

 

ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
バッテリーはイットリオン電池とうい単三より大きめのバッテリー
3時間で80%の高速充電ができ、高照度を実現している。

 

ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
バッテリーケースはベルトから簡単に着脱でき、USB接続で充電。コードもついています。

 

ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
ソフトケースもついていました。
ただこれだけはちょっといただけません。
だって、ヘッドライトが入らないんですよ…
別バッテリーのヘッドライトはコードの接触不良が故障の原因になると思うのですが(経験あり)、MH10のコスパを考えると、ここはプラスチックのハードケースを用意すべきでしょう。
レンズの傷などもきになるので、ザックに押し込むわけにはいかないですね。

 

ヘッドライト,レッドレンサー,MH10
あとは、フィルター(緑・赤)がついていました。

 

感想としては、
山で、もしものときにメインで持っていくという使い方はできないのですが、
夜間登山など、夜歩くことを想定した場合は、かなり強力な助っ人になります。
とくに、チームリーダー的な存在の場合は、高照度ヘッドライトは、ルートファインディング等もあるので必須ですね。

 

 

 

 

登山,グローブ,岩場,クサリ,ロープ

岩場で久しぶりにグローブ使ったら、経年劣化でもうボロボロ(笑)まぁ、2年が限界ですかね。グローブは。今年の夏山に向けて、また同じグローブを新調しました。

山専ボトル,アルパインサーモボトル,保温ボトル,マグボトル,

登山、とくに雪山で使うマグボトルは保温力の高いものを選びたいです。登山に最適のステンレスマグの代名詞ともなったサーモスの山専ボトル、みんな持ってます。今さら買うのも何なので、同等品のモンベルのアルパインサーモボトルを選んでみました。

ブラックダイヤモンド,ヘッドライト,スポット,リボルト,コズモ,ギズモ,ストーム

ブラックダイヤモンドのヘッドライトが2017年モデルでました!山で使いやすい上位機種として、以前もスポット(現行品)を紹介しましたが、今回は、その上位版ともいえるリボルトを手に入れましたので紹介します。たかが、ヘッドライトですが、使い勝手の良いライトは山での快適性と安心感が違います!って、また買ったのかって!? それは言わないお約束…

オーバーグローブ,ブラックダイヤモンド,ソロイスト,冬山

そろそろ雪山の季節。オーバーグローブを新調してみました。ブラックダイヤモンドのソロイスト!ソロイストフィンガーを使って板のですが、比べてみました。

グローブ,ブラックダイヤモンド,インナーグローブ,フリース

冬のシーズンもこよなく使っているブラックダイヤモンドのパワーストレッチのグローブ。ライトウェイト・ミッドウェイト・ヘビーウェイトなどありますが、冬季用には、ミッドウェイトがおすすめ。ついでにモンブランも使ってみましたが・・・

ヘルメット,帽子,メッシュ,通気性,おすすめ

間もなく夏山です。最近はアルプスなどの岩場の縦走などはヘルメットが必須となってきました。しかし、真夏のヘルメットは蒸れやすく、帽子をかぶるとさらに暑いです。山研がおすすめするヘルメットに合う帽子はこんなやつ!

ヘッドライト,ヘッドランプ,おすすめ,ブラックダイヤモンド,スポット

ヘッドライトのLED化が進んで、ずいぶん進化してきました。昨年あたりからペツルから優れたヘッドライトがラインナップされ、人気の座を奪われている感がしなくもないブラックダイヤモンドのヘッデンですが、山研としてはやっぱり落ち着くのが、このBDのスポットなのでした。※なお、スポットの兼価版としてコズモ(160ルーメン60m)があり、初心者にはこちらもオススメ!

ヘッドライト,レッドレンサー,MH10

ドイツのライトメーカー、レッドレンサーのヘッドライトMH10を手に入れました。高照度のライトは夜中に徘徊するには最適ですね!

登山用グローブ,山用手袋,グローブ,手袋,クライミンググローブ,ブラックダイヤモンド,クラッググローブ,トランゴ,ゴートビレイグローブ,マムート,トロバットグローブ

夏山登山でのグローブで最終的に行き着いたのは、けっきょくは、岩登り、クライミングで使っているグローブでした。(久しぶりの更新ですみません)

ゲイター,アウトドアリサーチ,バーグラス,クロコゲイター

OR/アウトドアリサーチは、アメリカの有名なアウトドアブランドで、私も小物などけっこう好きで持っていますが、今回は、ゲイターをレビューしたいと思います。ゲイター(スパッツ)といえば、雪山装備では必須のアイテムであり、各メーカー様々なゲイターがあって、どれも甲乙つけがたいものが増えていますね。ORのゲイターは昔から定評があり使いやすいので、3回くらいは買い続けています。そのほかにも、BDやマジックマ...

登山用品,携帯,スマホ,スマートフォン,選び方

スマホです。話題のiPhone6も、エクスペディアもアクオスも、見ていると欲しくなってしまいます。そんな最近の高性能なスマホですが、我々山ヤさんにとっては、やはり「山で使えるか」というのが、買い替えるときの条件になりましょうか。ということで、これまで山でフルに使っていて吟味したことを書いて見ます。

アウトドアリサーチ,帽子,キャップ,レイダーポケットキャップ,登山,アウトドア

山とかアウトドアで被っている帽子って、個性がでます。でも、デザインはよくても被りにくい帽子も数多あることは確か。正直、誰が被っても期待を裏切らない帽子があるとしたら、アウトドアリサーチの帽子だと思います。レイダーポケットキャップはかぶり良かった!

プラティパス,水漏れ,登山,水筒

ハイドレーションシステムという言葉を全国に広めた代名詞ともいえるアウトドア水筒の革命児プラティパス。多用している人もいれば、水漏れに不安視する人も多いと思う。実際にハイドレーションでは水漏れでザックがびしょびしょになっているのを何度か見てきた。なのでプラティパスの使い道をよく考えてみたいと思う。

山専ボトル,保温,ポット,ボトル,マグボトル,ステンレスボトル,サーモス,水筒

山に持ち歩くステンレス保温ポット(マグボトル)、言ってみれば日用品です。だからといって山専ボトルのような重くてかさばる水筒を持ってきているのも見かけます。チッチッチッ!分かってないねぇ。選び方を紹介します^^

ワイン用の水筒なんて、マニアックな!そんなのほんとに必要なのかな、と思っていたのに、ワインにはまると、欲しくなった!でも間違ってもハイドレーションにはできないよねー

OR,アウトドアリサーチ,レイダーキャップ,登山用帽子,帽子

夏山そろそろ開店ですね。登山用の帽子、何使ってます??私はもう、OR(アウトドアリサーチ)のレイダーキャップが主力となっています。